2015年12月31日

「中心は、至るところにある」

 今年もついに大晦日を迎えることができて、まずは感謝、でもいろいろとくたびれることがつづきまして、少々精神的に疲れてもいる。こういうときは … 音楽だ !! というわけで OTTAVA Salone、ゲレンさんの回をただいま聴取中[ 右下コラム、長らく貼っていたチャロのゴガクルバナーに代わりまして、OTTAVA バナーに切り替えました ]。お! そうでした、今年はシベリウスイヤーでもあったが、バッハ生誕 330 年でもあったわけでした( タネーエフという人も今年が没後 100 年だった )。ってワタシはそれこそ年がら年中バッハを聴き、またへたっぴながらちょこっと弾いてみたり、楽譜を繰ってみたり、という生活を送っているので、あんまり実感がない( 苦笑 )。

 今年は気象観測史上、もっとも暑い年だったそうです … 台風の強大化、「半世紀に一度あるかないか」の異常降雨の増加、デング熱など熱帯感染症を運ぶ害虫の北上、そして最大規模と言われるエルニーニョ現象の発生 … ここ何年か、「いつまでも暑い、と思っていたら秋を通り越していつのまにか冬になっていた」、みたいなきょくたんな気候変化が当たり前になりつつある。日本の四季はいったいいずこへいったのか、みたいなことが日常になりつつある。クリスマスどきの異常な暖かさ、寒がりなんでこれはこれでありがたいけれども、気温変動があまりにも激しくて、ほんとうにこれが冬なのか? とむしろ寒気をおぼえる。

 エピキュリアンなワタシがこんなこと書くのは不適格かつ僭越きわまりないとは思うが、年が明けたと思ったらいきなり邦人2名が IS に拉致された、というとんでもない報道が飛びこんできた。IS については以前こちらで書いたとおりですけど、ああいう手合を見ていると、どうしても比較神話学者キャンベルのことばが思い出されてしまう。
… 「神は人間の知性で認識できる領域であり、その領域の中心はあらゆるところにあり、円周[ 境界 ]はどこにもない」… 私たちひとりひとりが ―― それがだれであろうと、どこにいようとかまわないのですが ―― 中心なのであり、その人の内部に、その人が知ろうが知るまいが、「自在な心」が存在しているのです。―― ジョーゼフ・キャンベル著、飛田茂雄ほか訳『生きるよすがとしての神話』、p. 280
 キャンベルという人は少年期、ローマカトリックの教えを受けていたが、欧州留学を経て大恐慌まっただなかの本国に帰国したとき、親類縁者に対して「わたしはカトリックの信仰を捨てます」と「棄教」を宣言したという。これが当時の米国北東岸の社会においてどれだけ衝撃的な事件だったかは、ちょっと想像するのがむつかしいかもしれない。とにかくキャンベル青年は恐れることなく棄教すると言ってのけたわけです。

 最近、あいにくこちらも絶版なんで図書館で借りて読了したキャンベル本『野に雁の飛ぶとき』という 1969 年に刊行された論文集をはじめ、今年もまた( ここには紹介してないが )いろいろ読みましたよ。もちろん気に入った CD や書籍は原則的にぜんぶ買う人なので( あまりにお高いものはさすがにちょっと考えるけれども )たとえば昨年の話だけど村岡花子の復刊されたエッセイ集も買い揃えたし、前にちょこっと言及した『岩城音楽教室』も児玉清さんの遺稿集『すべては今日から』も買ったり、そうかと思えば『ハムレット( いまごろ ?! )』、漱石の『草枕』、鈴木大拙師の『禅』なんかも買った。それとこちらも前に紹介したけれど、鴻巣友季子先生訳『風と共に去りぬ』新訳本も読み、それがきっかけでこっちの本へと脱線し … とはいえだいぶ前に買っておいて「積んどいた」本、ショーペンハウアーの『知性について』とかもいまだまともに読んでないし、キャンベル本にも出てきたハクスリーの『知覚の扉』も読了していない、というわけで年末年始、この時期恒例みたいな感じでまたしても悩ましいことになってしまった。以上、キャンベル本しか読んでないのか、というギモンに先回りして[ in advance ]釈明したしだい。

 話もどりまして、IS やかつてのオウムなどに引き寄せられる人についてはこちら側にいるわれわれも頭ごなしに否定していては、いつまでたっても解決にはつながらないし、今後もこういう過激思想に染まる若い人がつづいてしまうだろうと思う。彼らを操っている不届き者は徹底的に叩くべきとは思うが、では「砂漠の一神教」のどこが問題なのか。その問いに対するひとつのこたえが、↑ で挙げた『 24 賢人の書 Liber XXIV philosophorum 』に出てくるあのことばかと思う。なんでもそうだが、原理主義に凝り固まった人というのは、自分の信条( 信仰 )が絶対的正義、みたいなことを露ほどにも疑わない。疑わないから、他人様にそれを押し売りする。正月どきにやってくるなんとかの証人みたいに( あの人たちはなんでまた『聖書』を売りつけに来るんだろ … 当方だって「新共同訳」くらいは持ってますぞ )。
あなたとあなたの神とは、あなたとあなたの夢がひとつであるのと全く同じく、ひとつです。とはいえ、あなたの神は私の神ではありません。だから私にそれを押しつけないでください。各人がそれぞれ独自の存在と意識とを持っているのですから。( Campbell, op.cit., p. 169 )
 その点、中世初頭のアイルランドでの「改宗」事情は欧州大陸とは大きく異なっていた。アイルランドでは一滴の血を流すことなくわりとすんなりキリスト教化されたのは有名な話、聖パトリックが実在の人物だったかどうかはさておいて。ひさしぶりにケイヒルの『聖者と学僧の島』を読み返してみると、ヒントになりそうな一節がありました。「自分には確固としたアイデンティティなどなく、自分は、現実の残余として流れゆく液体にすぎない存在、もともと本質の欠落した存在なのだという思い[ p. 183 ]」。これだけではわかりにくいのでかいつまんで書くと、キリスト教到来前の古代アイルランド人は氏族間の抗争に明け暮れ、気まぐれで「移ろいやすい」特有の自然の持つ暗さ、恐ろしさを肌で感じながら日々を送るしかなかった。その証拠にアイルランドの古代神話に出てくる英雄も牡牛になったり鷹になったりあるいは海を渡る風になったりと変身しつづける、なんていうモティーフがよく出てくる。でも! もう恐れることはない、「いかにひどく、がまんのできないことであっても、かならずや終わりがくること … 神は謙虚な祈りにこたえて、道に迷いさまよう人たちに神の食物をあたえる」。それまでの「神」は、人間の首を要求した( かつてのケルト人氏族には首狩りの習慣があり、その名残りともいうべき意匠がたとえばシャルトル大聖堂とかにもレリーフとして刻まれている )。ようするに人身御供とひきかえに豊饒など、切なる願いを聞き入れた。それが(「旧約」のアブラハムとイサクの話のように )屠られる対象が人間から子羊へと変わり、そしてついには「神のひとり子」をアダムの子孫たるわれわれの「原罪」を贖うために十字架につけ、救済してくれた … というわけで、キリスト教って日本人にとっては「三位一体ってなんぞや」みたいな難解なイメージがつきまとい、悲しいことにそうした無知につけこむ連中もいるわけなんですが、当時のアイルランドに生きる人々にとっては文字どおり漆黒の雲間からさっと差しこむ強烈な「光明」のごとく見えたのは想像に難くない。ようするに「砂漠の一神教」の教えは自然の移ろいやすさから切り離されている安心感、そしてこういう論理の明快さ、わかりやすさが決め手になったんじゃないかって思わざるをえない。この「わかりやすさ」があったからこそ使徒パウロの伝道が功を奏し、結果的にそれまでの「地中海世界の多神教」は廃れてしまったんじゃないかって思うのです。当時の人々にとってはまさしくそれまでの価値観と時代、世界観の崩壊、「この世の終わり」を象徴する出来事だったんではないかと … もっともその変化はいっきに来たわけではなく、「気がついたらそうなっていた」のかもしれませんが。

 と、ここまでつらつら愚考していると、またしてもキャンベル本に出てくる引用箇所が思い出される。それは以前ここでも紹介したヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ作『パルツィヴァール』[ 加倉井粛之、伊藤泰治ほか共訳『パルチヴァール』郁文堂出版、1974 ]。この聖杯探求をめぐる壮大な冒険物語の結尾に、にわかに信じられないことが書いてあります。前にも引用した箇所だが、もう一度繰り返しておきます[ 下線強調は引用者 ]。
 そのとき聖杯に文字が読まれた。神により他の国々のあるじと定められた聖杯の騎士は、他人に自分の名前や素性を尋ねさせないことを条件に、その国の人々の権利の実現に力を貸してやるようにと、記されてあった( p. 427 )。
これスゴイことですよ、だって『大憲章 Magna Carta Libertatum 』発効の 5 年前にすでにドイツ人詩人にして騎士の著者がはっきり書き残しているんだもの。こういうこともみんなキャンベル先生に教えてもらった( → 関連拙記事 )。
… 新しい神話は、ある特定の「民族」のちょうちん持ちをするために書かれたものではなく、人々を目覚めさせる神話です。人間はただ( この美しい地球上で )領地を争っているエゴどもではなく、みんなが等しく「自在な心」の中心なのだと気づかせる神話です。そのような自覚に目覚めるとき、各人はそれぞれ独自のやり方で万人や万物と一体となり、すべての境界は消失するでしょう( ibid., p. 281 )。
 … と、『フィネガンズ・ウェイク』よろしくここまで「忍耐強く[ cf.「さあて、忍耐だ。忘れてはならん、忍耐こそは偉大なるもの ( 柳瀬尚紀訳、I 巻 p. 209 )」 ]」読んでくださって妄評多謝であります。m( _ _ )m 今年最後は … やはり大バッハに登場してもらいましょうか。今年、何度となく、胸中に響いていた旋律と歌詞です。
Dona nobis pacem.
われらに平安を与えたまえ



posted by Curragh at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感など

2015年12月27日

小さな名歌手たちの思ひ出

 この時期が巡ってくると、いろいろと脳裡に去来する思いあり。といっても、この国の行く末は、とか、そんなスケールの大きなことではもちろんなくて、徹頭徹尾 Epicurean で天邪鬼なワタシのアタマにやってくるのは、この時期の定番とも言ってよい、世界各国各地域から来日してその美しい歌声を届けてくれる「小さな音楽親善大使」たちのことです。

 もうここでも折にふれて書いてきたことなのでいちいち繰り返さないが、ワタシはもともとバロック、とりわけバッハの鍵盤作品、それもオルガン独奏作品を偏愛している人なので、モーツァルト以後の作曲家の作品とか、器楽以外の楽曲には耳もくれなかった、というのは大げさながら、ようするに聴いてこなかったし興味関心もたいしてなかった。それがあるとき、清冽な湧き水に癒やされる如くに子どもたちの歌声、とりわけボーイソプラノの歌声に魅了されるようになった。

 そこから先はいわば泥沼( 苦笑 )にはまり、お足もないくせしてせっせと少年合唱ものやボーイソプラノのソリストくんたちをフィーチャーしたアルバムなどを買いあさり、あるいはヒマさえあればわりとマメに来日公演にも足を運んだりした。そんな「音楽親善大使たち」の実演にはじめて接したのは 1993 年のこの時期、通称「パリ木」の名で知られる「木の十字架少年合唱団」来日公演を近隣市の文化センターに聴きに行った時だった。このときの衝撃はいまだに忘れがたいものがある。パレストリーナの「オー・メモリアーレ」、モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」、トレネの「美し国フランス」、ラモーの「夜」、グリーグの「ソルヴェイグの歌」… いまではおなじみの感ありな楽曲なんですけど、恥ずかしながらこれらの作品をこのときはじめて知ったのであった。当時、「パリ木」のソロを歌っていたレジスくんとかマチューくんは、その後ボーイソプラノの独唱者の声質を判断するうえである意味個人的基準になったのでありました( ちなみに当時の公演パンフを繰ってみると、マチューくんの好きな音楽家はあのフレディ・マーキュリーのいた「クイーン」だった )。ただあいにく最近の「パリ木」は隣国での公演が多くて、あんまり来なくなった。直近で最後の公演のことはこちらで。

 「パリ木」の子たちの声質は、個人的にとても気に入っているけれども、その後聴きに行ったウィーン少年合唱団[ WSK ]や英国のアングリカン系大聖堂聖歌隊、ドイツの名門レーゲンスブルクにヴィントスバッハ、そしてドレスデン聖十字架合唱団、チェコの「ボニ・プエリ」、ロシアの「モスクワアカデミー合唱団」、ラトヴィアの「リガ大聖堂少年聖歌隊」… といろいろ聴いてあるていど耳が肥えてくると、それぞれのお国柄というか、個性のちがいが感じられるようになってきてこれまた得難い経験だった。日本人にはもうすっかり年中行事と化しているような WSK 来日公演については、はじめて聴きに行ったのが自分の地元で開催された演奏会でして、ハンスという名前の団員がすごい人気だった[ もちろん見た目だけでなく、実力もありましたが ]。当時の公演パンフを見ると「将来の夢」みたいな質問に対し、「ピアニスト」と答えていたけど、この前たまたまさる SNS サイトでひさしぶりにお名前を見かけたら、しっかり夢を実現されてまして、ご同慶の至りであります。

 話もどりまして、数ある来日公演のなかでもひときわ印象に残っているのが ―― 作曲者本人はむしろイヤだったかもしれないが ―― 映画「プラトーン」でも使用された、かのバーバーの「弦楽のためのアダージョ」を作曲者自ら声楽版に編曲したヴァージョンをやはり英国の名門、オックスフォード大学ニューカレッジ聖歌隊来日公演( 2001、2003 )で接したことだった。あの全声部が上行するクライマックス、ほんとうに鳥肌が立つというか、ぶるぶると全身が震えたのはあとにも先にもそのときだけだったように思う。

 それに次ぐ経験となると、一世を風靡した( のかな? )某レコード会社のプロデューサーが結成させたという Boys Air Choir [ BAC ]だった。こちらはセントポール、イーリー、ウィンチェスターカレッジなど、イングランドを代表する伝統ある有名どころのコリスターと呼ばれる少年聖歌隊員の選りすぐりからなる、「聖歌隊のドリームチーム」みたいなヴォーカルユニットだった。こちらも 1999 年8月末、東京芸術劇場にて開かれた最初の来日公演から、2004 年 12 月の最後の来日公演まで実演に接してきた。最初の公演のとき、客席からのなかなかやまない咳き込みに動揺( ?! )したのか、スタンフォードの「ブルーバード」のソロを歌っていたエドワード・バロウズくんの音程がやや怪しくなったときなんかは、こっちまで手に汗握るような思いをしたものだったけど … そのあとだったか、渋谷のもと HMV 店舗内にてその BAC のめんめんが残していったサイン色紙がありまして、'Many many thanks to HMV Shibuya ! ' とのエドの達筆を拝見したのであった。その後の BAC ソリストくんたちも、「列伝」が書けそうなくらいの銘酒、ではなく名手ぞろいでして、「紅白」じゃないけど大トリを務めたハリー・セヴァーくんの歌いっぷりはもうみごとと言うしかなかった。このときおそらく前例がないであろう、フォーレの「レクイエム」全声部を少年合唱で通すという離れ業をやってのけたんですが、一般の合唱ものに耳の肥えた聴き手が鑑賞しても、名演だったんじゃないでしょうか。BAC ではいまひとつ 2000 年 12 月の焼津公演が忘れられない。アンドリュー・ジョンソンくんの歌うメンデルスゾーンの名曲「鳩のように飛べたなら」、あれは感動的だった。

 あと英国ものではオックスフォード・クライストチャーチ大聖堂聖歌隊 & ケンブリッジ大学セントジョンズカレッジ聖歌隊のジョイントコンサート( !!! )という、本国でもめったに聴けないようなまさしく夢のコラボレーションが一度だけあった( 1998年 12 月 )。あれはすごかったなあ。鳴り止まない拍手喝采にそれぞれの音楽監督氏が何度も舞台に呼び戻されたものでしたが、最後は疲れたのか( ?! )、扉をバタン !!! と閉めて帰ってしまった、たたた。2006、2010 年にはイートンカレッジ聖歌隊公演にも行きました。

 それとそうそう、英国ものでは Libera も聴きに行った … それもどういうわけか( て )、BAC 最後の公演のとき渡されたチラシ( !! )に来年春、Libera 初来日公演決定! とあり、先行予約手続きまでしっかり書いてあったのにはあまりのビジネスライクさに閉口した( 苦笑 )。とかなんとか言いながら、しっかり聴きに行ったヤツ。しかもなんとその年は 10 月末にも再来日公演が横浜みなとみらいホールにてありまして、こっちもしっかり聴きに行ったという … 完全に相手の戦術に乗せられた感あり。でもよかったですよ、これはこれで。Libera のアルバムは前身のセントフィリップスのころからだいたい持ってますし[ ただし、おなじ楽曲の使い回しが多い ]。2006 年以降も聴きに行こうかしら、なんて思っていたらあの NHK TV ドラマ「氷壁」テーマ曲「彼方の光」で大ブレイクしたためか、チケット予約がちっともとれなくて、アタマきて聴きに行くのやめちゃった( 苦笑 x2)。その後彼らはワイドショーでも引っ張りだことなったけれども、来日すると決まって行くお気に入りの場所がなんと「神社仏閣」。これってどことなく、いまの「御朱印帳ブーム」とか「パワースポットブーム」とかを外国の子どもたちが何年も前に先取りしているんじゃないでしょうかねぇ。なにが言いたいのかというと、「日本の文物は日本人にしかワカラナイ」という、ワタシにはまるで理解しがたい発想がいまだ根強いことのアンチテーゼとして、よい一例かなと思って引き合いに出したしだい。

 ラトヴィアの「リガ大聖堂」も 1999、2004 年と聴いたけれども、2004 年のときのソリストくんは女声オペラ歌手ばりに表現力があって、これはこれで聴きごたえがありまして堪能させていただいた。そのとき大聖堂オルガニストも来日していて、当然のことながらオルガン独奏も披露してくれたから、喜びも2倍という感じでした( ただし、新宿文化センター大ホールの「壁掛け」オルガンの音響は芳しくなかった。開演前にいきなり現れて弾き始めたんですけど、そのとき聴こえてきたのはバッハのカンタータ BWV. 29 冒頭の「シンフォニア[ 原曲は BWV. 1006 の前奏曲 ]」オルガン版でした )。



それと、忘れちゃいけないのがドイツの名門少年合唱団ですな! 1995 年8月の酷暑のなか来てくれたヴィントスバッハの子たち歌声もすばらしかった。イザークの「インスブルックよ、さようなら」なんか、涙あふるるほどの名演だったと思う( そのとき松葉杖姿の団員もいて、彼ひとりだけスツールに浅く腰掛けて歌ってました。プロだなあ )。あいにく「テルツ」はいまだ実演に接する機会がなく … そんなこと言えば大バッハゆかりの「聖トーマス教会聖歌隊」だってまだだが … できれば「マタイ」とか受難曲じゃなくて、バッハ最後の最高傑作「ロ短調ミサ」をぜひ聴きたいです。

 ワタシは子どもたちはみんな「名歌手」だと思っているので、あんまりチャチャ入れたくはないんですけど、なかには「?」がつく公演もある。たとえば以前書いた拙記事の二番煎じで申し訳ないが、2006 年のモスクワアカデミーとか、2007 年時の「ボニ・プエリ」とか … それとつい先日、NHK-FM にて聴取したこちらの公演とか … 。

 かつて名指揮者の岩城宏之さんが生涯を通じてもっとも好きだったのが、共演した少年少女たちの歌声だった、というお話をどこかで聞いたことがある。日本人の子どもたちだってすごいですよ。TOKYO FM 少年合唱団なんか大好きですね。彼らの公演はクリスマスと毎年春の定演を4回ほど[ 2006、2008、2009 ]聴きに行ったことがありますが、とても安定感があって、なんといっても元気なところがよいですね !! やはりボーイソプラノは線の細い声、ではなくて、ちょっと破綻してもいいくらいの勢いと元気のよさがあっていい。あとは鎌倉の雪ノ下カトリック教会を拠点に活動しているグロリア少年合唱団ですね。いまこれを書きながら当時の「名歌手たち」の顔とか思い出したりするけれど、ワタシにとっても彼らの心洗われるピュアな歌声、美しい天上のハーモニー、彼らの調べの数々は文字どおりわが財産だなあ、という気がする。神話学者キャンベル流に言えば、Their voices to live by といったところか。あのとき彼らとおなじ空間を共有し、彼らの音楽に耳を傾けていたあの瞬間こそ「至高経験」であり、「エピファニー」だったかもしれない。

追記:けっきょく今年聴きに行ったのは、掛川市出身の若きピアニスト佐藤元洋さんの地元開催リサイタルのみ … だったけれども、オケもオルガンも合唱もなんでもそうですがやはり生演奏に接するのはいいものだ。使用されていたピアノも掛川で生産された YAMAHA のすばらしい楽器だった、というのもあるかもしれないが、ベートーヴェン、リスト、ショパン、スクリャービンのピアノソナタを中心に組まれたプログラムはすばらしかった。当方はオルガンびいきながら、ピアノも、名手の手にかかるとこうも心打たれる響きがするもんですねぇ、というわけで、つぎの機会はぜひ佐藤さんのバッハを聴いてみたいと念願しております。

posted by Curragh at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽関連

2015年12月13日

「ららら ♪ クラシック」⇒ BWV. 566

1). そういえば、この前見た「ららら ♪ クラシック」、なんとなんとうれしいことに、わが愛する楽器、「楽器の女王」、オルガン[ パイプオルガン ]特集ではないですか !!! これは見るしかない。

 で、その感想なんですが … のっけから登場した、かつて全国津々浦々の小学校にあったであろう、懐かしのリードオルガン( 足踏みオルガン )がひじょーに気になった … あれどこから調達してきたのかな? しかも「ドアノブ」型のストップまで 10 個もついているし … 「演奏台の両脇に並ぶドアノブみたいのは、いったいなに?」みたいなお題で紹介していたけれども、すでにその「ドアノブ」を備えたリードオルガンまで登場しているという … 。

 で、これまた久しぶりにお元気な姿を見られてやはりうれしかった、藝大オルガン科の廣野嗣雄名誉教授 ―― しかも「自作」したオルガン原理模型までひっさげて ―― も出演されていた。というか、廣野先生ってこんなにお茶目な人だったのか ?! 廣野先生といえば、だいぶ昔、NHK-FM にて「小フーガ BWV. 578 」の楽曲分析をある番組でされていたことなんかも思い出す[ もちろんご本人の実演つき、しかも使用楽器はいまや「使ってんの?」状態の NHKホールのカール・シュッケ社建造の大オルガンという、いまから考えるとかなり贅沢な企画だったなあ ]。

 本題にもどって … 今回、番組で紹介していたのは NHKホール … ではなくて、東京カテドラル聖マリア大聖堂関口教会のイタリア・マショーニ社建造のすばらしいオルガン。オルガン建造の監修者はロレンツォ・ギエルミ。番組の折々に挿入されていたクリップはたぶん以前、NHK-BS で放映されていた「パイプオルガン誕生」のものだろうと思う( 見たことある場面が出てきたから )。オルガンの起源はアレクサンドリアの「床屋」、クテシビオスの考案した「ヒュドラウリス[ 水力オルガン ]」だとか、足鍵盤がとくに北ドイツにおいて発展して大型化したとか、そのへんの説明はわりと正確( 当たり前 )。クリップに出てきた 16 世紀イタリア・ミラノの聖マウリツィオ教会の歴史的名器は、1段手鍵盤とおまけみたいな足鍵盤つきの楽器だったと思う。各時代、各地域におけるオルガン建造の歴史とか音楽様式によるストップ[ レジスター ]の変遷とか、あるいは「コーアトーン」と呼ばれる「教会ピッチ[ 現代ピッチより約半音高かった ]」なんかも興味深いのではありますが、これを書き出すととてもじゃないが記事を何本も、しかもただのディレッタントにすぎない輩が書くはめになりかねないので、省略( 笑 )。あと少し気になったのは、「8世紀、東ローマ[ ビザンツ帝国 ]皇帝がフランク王国のピピン王にオルガンを献上した」という有名な話、たしかにそうなんですけどそれを紹介するイラストがなぜか「水力オルガン」になっていた。このころにはすでに「ニューマチック」、つまりふいごで送風する現代とほぼおなじ機構の楽器になっていたはずなので( ただしストップ装置やスライダーチェストなどはまだない )、ここはちょっといただけない。当時のオルガンについては拙過去記事と、そこからリンクしているすばらしい解説ページをご参照ください。19 世紀の、とくにカヴァイエ−コル製作の一連の巨大楽器は、ひとことで言えば「ひとりオーケストラ」を実現するためのもの、と言ってよいと思う。当時は交響曲全盛時代、こういう時代背景があったからこそ存在しえたようなオルガンなんですな。ヴィドール、ヴィエルヌ、そしてサン−サーンスやセザール・フランクなんかは、みんなこの時代に活躍したオルガニストにして高名な作曲家ですね[ 追記:番組中でかかった3曲のほかに、BGM みたいにかかっていた楽曲、やっと思い出した。英国のアングリカン合唱ものが好きな人にとってはわりとおなじみの聖歌ですね ]。

2). 番組ではバッハ時代を代表する楽器としてハンブルクの有名なアルプ・シュニットガー建造の歴史的楽器も紹介されてましたが、↓ はそのシュニットガーオルガンによるバッハ「トッカータ ホ長調 BWV. 566 」を演奏した動画。「きらクラ!」の「メンバー紹介」の「番外編」をここでも書いたばかりですけど、さらについでに「メンバー紹介」をしたくなったしだい。

 BWV. 566 は、いまでは「前奏曲とフーガ ホ長調」と表記されるのがふつうで、「旧バッハ全集の取っている『トッカータ』という名称には資料的根拠はない[『バッハ事典』p. 307 ]」… とのことですが、ワタシの手許の音友社発行のポケットスコアにはその「資料的根拠」のない「トッカータ」と表記されているものだから、ここでも強引に通そうかと思います( 苦笑 )。もっとも聴いてみればすぐピンとくると思いますけど、まるでブルーンスかブクステフーデを彷彿とさせるような典型的な北ドイツオルガン楽派の幻想様式で書かれていて、トッカータ[ 前奏曲 ]−フーガ−トッカータ−フーガという並列構成をとってます。作曲年代はバッハの「ブクステフーデ詣で」のあったアルンシュタット時代の 1706 年ころで、原曲はおそらく「ホ長調」で書かれていたらしいけれども、のちのヴァイマール時代に「ハ長調」に移調した別稿 BWV. 566a を作成したようです( 原曲の調性では演奏がひじょうにむずかしい、というのもある )。動画の演奏者はこの「ハ長調稿」にもとづいて演奏してます。超有名な「ニ短調トッカータ」のつぎのバッハ作品目録番号を与えられていながら、おそらくオルガン好きを自認する人もまるまる聴き通したことのある人はあんまりいないんじゃないかと思って、ついでに書き足しておきました。さらについでにこの作品、ヴァルヒャの「バッハ・オルガン全集」にはなぜか(?)入っていなかったりします( アラン版「全集」のほうはもちろん収録されてます )。すぐ前にも書いたヴィドールはこの作品の最後のフーガについて、「フーガで始まり、コラールとなり、協奏曲として終わる」と評しています。



posted by Curragh at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バッハのオルガン作品