2016年06月19日

最高のアマチュア、理想のアマチュア

 いまさっき見た「クラシック音楽館」。今宵もまた4月の N響定演[ サントリーホール定期 ]からで、指揮はこの前バッハ・プロでおおいに感動させてくれたマエストロ・スラットキン。で、本日は「米国の指揮者はこの人なくして存在し得ない」とまで言った、かのレナード・バーンスタインの名作ミュージカル「ウェストサイド物語」から「シンフォニエッタ・ダンス」や「キャンディード序曲」、「3つのダンス・エピソード」、そして後半が「感情に訴える力、という点で共通点がある」というマーラーの「4番」でした。

 今回、個人的にひじょうに感銘を受けたのは、プログラム後半前にスラットキン自身が語っていたことでした。それは銀行・投資関係の専門誌 Institutional Investor なる業界誌があるそうなんですが、その創刊に携わったひとりの実業家の話でして、その人、ギルバート・キャプラン氏はあるとき、マーラーの「2番」、いわゆる「復活」を聴いて天啓を受けたごとくいたく感動し、それ以来暇さえあれば楽曲研究にどっぷり、それだけでは気がすまず、ゲオルグ・ショルティなど米国の指揮者数名に宛てて手紙をしたため、「頼むからどこかのオケでこの作品を自分に振らせてほしい!」と頼みつづけていたんだそうです。スラットキンさんのところにもこのお願いの手紙が来たので、なら会ってみましょう、ということでじっさいに会って話してみた。「スコアは読めるの?」と訊いたら、「読めないけど、ピアノは少々心得がある」。で、仕事の合間を縫ってなんと、スラットキン氏みずから個人レッスン !!! 数年がかりでようやくこれなら大丈夫、というわけで「最初で最後の」つもりで念願かなってオケを前に「復活」を振ったらこれが大絶賛され、以後、マーラーの「復活」専門指揮者(!)としてあっちこっちのオケを客演したり、マーラーに関する講演まで引き受けたりと、なんともすごい展開になってしまったんだそうです[ ついでにお金持ちだったので自筆スコアまで買って、初版譜に 300 もの誤りを見つけ、みずから「校訂楽譜」を作ってしまったというからもっとびっくり ]。

 で、そんな折にスラットキンさんがキャプラン氏に、マーラーの講演をしてくれないかと連絡したら、「ドクターストップがかかってしまって残念ながらできそうにない」と。それからほどなくして帰らぬ人になってしまったんだそうです( キャプラン氏は今年の元日に逝去 )。

 … 不肖ワタシはこのお話を聞いて、深く感動するとともに、いろいろ考えさせられてしまった。いくら好きだからって、惚れこんだからって、キャプランさんのようにじっさいに夢をかなえられる人というのはそうはいないでしょう。でもマエストロ・スラットキンがいみじくも言うように、「情熱、ということに関して言えば、プロよりアマチュアのほうが上だったりする」。言ってみればキャプランさんはハイアマチュアの典型、アマチュアの理想像、最高のアマチュアだったと思う。マーラーのその作品が、それまで本人も気づくことさえなかった自分がほんとうにやりたいこと、あるいは「至福」の発見と自覚へと導いた、と言えるのではないか。マーラーが、キャプラン氏のほんらいの自己を引き出したように思えてならない。

 「彼のことを思うたび、芸術の持つ力のすばらしさを感ぜずにはいられない。マーラーを振るときはいつも彼のことを思う」というふうにスラットキンさんはおっしゃっていた。ほんとすばらしい話だった。

 でもってこんな美しい話のあとでこういうこと持ち出すのは、品性下劣のなせる業かもしれないけど、そのとき同時にワタシの脳裡をかすめたのは辞職した都知事氏のこと。といっても今回の件ではなくて、もっと昔の若かりしころの、それも「翻訳」がらみの話。なんでも当時、政治学者の卵だった方が下訳者としてこき使われたあげく、訳書には自分のクレジットはおろか、一文字たりとも訳出さえしてないこの国際政治学者先生の名前で麗々しく出版され、その後もウンともスンともなかった、というあのお話です。

 門外漢がここで気になったのは、なんでこのタイミングでそんな古い話を … という点もさることながら、「業績を横取りされた」、盗まれたと強調していること。たしかにお気の毒ではある。下訳者制度って日本特有みたいでして、米国で活躍しているさる翻訳者先生の著作を読んだとき、こちらと向こうの翻訳者事情、とりわけ下訳制度について言及している箇所が目にとまった。その先生は、自分の名前を出す、つまり文責を取るだけの資質のない者がなんで「他人の名前」で翻訳書を刊行するのか、さっぱりわからない、と同僚に言われたんだそうです。いつぞやのゴーストライター騒動じゃないですけど、たしかにこういう例はけっこうふつうにあります。それがまた、しっかり朱を入れてくれるんならまだしも、当の上訳者ないし監訳者は上がってきたゲラ刷りさえろくに見もしないでそのまま印刷所に回す、なんてことがとくに昔はよくあったようです( これはチェックを怠った版元編集者も同罪 )。心理学や経済学など、人文科学系の一般教養書のたぐいに読むに耐えないホンヤクがひじょうに多かった、というのは、ひとつにはこの下訳制度の「悪用」の必然的結果、と言えるとも思います。

 ただどうしても解せないのが、「翻訳書を出すことが学者 / 研究者としての業績としてカウントされる」というこの業界(?)の慣行です。ことばは悪いが点数稼ぎ、ということか。じっさい、「業績作りをしたいので、なにか翻訳の仕事、ありますか?」って訊いてきた大学の先生がいたっていう話が昔あった。大学人にもいろいろござれではあるが、そのていどの感覚の人って昔は多かったのかな、いまはどうだか知りませんけど。「二足のわらじ」として翻訳という営為にかかわる、というんなら、「やむにやまれぬ情熱」、あるいは熱意に突き動かされて、っていうのが、ほんらいあるべき仕事の態度じゃないでしょうか。これこそアマチュアの理想形、アマチュアでしかなし得ないこと、最高のアマチュア、アマチュア冥利に尽きると思うんですけどね … たんなる「業績(=点数 )のため」に「翻訳でも」というのは、結果オーライならそれでいいじゃん、と言えなくもないけれど、キャプラン氏の成し遂げた「業績」とははるか遠いところ、対極に位置していると思うのはワタシだけだろうか。

posted by Curragh at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関連

2016年06月11日

「ブランダン跳び」、「トリスタン跳び」、「聖マロ跳び」

 この前も書いたことなんですけど、「三保の松原」近くにある東海大学海洋学部の図書館地階に眠っていた「第 1 回 聖ブレンダン協会国際会議」紀要本( Atlantic Visions, 1989 )。拙記事ではマッカーナ先生による『聖ブレンダンの航海』成立に至るさまざまな要因ないし起源についての考察のことをご紹介したんですが、本を閲覧したときにいまひとつ食指をそそられるものがありまして、それがアングロ・ノルマン語版『航海』になんの前触れもなく登場する「ブランダン跳び」に関する論考。というわけで行きがかり上、またまたこの「ブランダン跳び」を取り上げることにします( 苦笑、以前書いた関連記事はこちら )。

 そもそもこれっていったいなんなの? という向きのために若干の説明を。8世紀後半ころに成立したとされるヒベルノ・ラテン語で書かれた『聖ブレンダンの航海』は、俗に「中世のベストセラー」と称されるほど欧州大陸で人気があったアイルランド聖人による航海譚だったんですけど( ラテン語散文版だけでも 125 もの写本群が現存 )、vernacular、つまり各国語に翻訳[ 否、「翻案」と言ったほうがいい ]された写本というのもこれまたけっこうな数が残ってまして、なかでもその代表格みたいなのがアングロ・ノルマン語で書かれた『聖ブランダンの航海 Le Voyage de Saint Brendan / Brandan 』。くわしいことは本家サイトのこちらにて書いてありますが、成立年代は一般的に 1120 年ころ * と言われてます。現存する写本は6つあり、ふたつは断片のみ。うちもっとも引用されているのが大英図書館蔵の「写本 A[ MS A, London, British Library, Cotton Vespasian B X (I), 14 世紀 ]」と言われるもので、総数 1,834 行のアングロ・ノルマン語韻文作品。「ブランダン跳び」の考察をしたビルバオのスペイン人言語学者と思われる先生( Dr M. I. Lemarchand )も言及しているように、おそらく朗唱、もっと言えば「歌って」聞かせるために書かれた作品だと思われます。作者は一般的にブノワと表記される、ノルマン宮廷に仕えていた(?)ベネディクト会修道士。

 でもって問題の箇所なんですが、ちょくちょくここでも引用させてもらってる、松村先生のこちらの論考の「訳注」によりますと、「ラテン語版の Saltus( 草原の意味 )を、ブノワは『跳躍』を意味するフランス語 salt に移しかえている」とあります。ちなみにこの salt は現代仏語では saut になります[ ソなんだ、というくだらないダジャレを言いたくなった人 ]。

 松村訳ではそこの箇所はどうなってんのか、というと[ 下線は引用者。ラテン語版『航海』では chs. 3−4 に当たる ]、
… ブランダンは大海原に向けて出発した、
そこにゆけという神の命令を聞いた者として
決して縁者のほうを振り返りはしない
より大事な場所にゆく決心を固めていた
陸地が続く限り進んでいった
足を止めるつもりはまったくなかった
とある岩までやってきた いま、平民が
「ブランダン跳び」と呼ぶ岩である
[ 原文は 'Or le apelent le salt Brandan' ]
この岩は海に向かってながくのび、岬のようであった
この岬の下に船着き場があり、
そこで海に川の急流が流れこんでいた
急流は小さく、たいそう細く、絶壁からまっすぐに流れ落ちていた
ブランダンより前にこの高台を
降りた者はいなかった、と思う

そこで彼は木材を持ってこさせ、
舟を作らせた( ll. 157 − 174 )

 Lemarchand 先生は、ここのところを「地の果て」の断崖絶壁から、文字どおり海に向かって「跳ん」でふわりと降り立ち(!)、革舟の建造にかかった、というふうに「解釈」してます。

 不肖ワタシはてっきりこの箇所を、実在のディングル半島ブランドン山の北西岸側とその直下の岬( ブランドンヘッド、あるいはブランドン入江と呼ばれている小港 )を指しているにすぎないとかんたんに考えておりました。でもまあたしかに「異界( 黄泉の世界、死者の国 )」への「跳躍」という、古今東西の神話や伝説に見られる普遍的パターンのケルト的反映、というふうにも捉えることはできそうです。でもたとえばいまのところの最新校訂本であるこちらの本の編者による注釈なんか見ますと、ラテン語版校訂本編者セルマーの注も引きつつ、「ブノワは、ラテン語版で少し前に出てくる<( ブレンダンの奇蹟の )野 saltus >」をこの場面に移したうえで、古仏語で『跳躍』を意味する salt に結びつけたように見受けられる」みたいなことしか書いてません。

 ビルバオの先生による考察はベルール作『トリスタン物語』に出てくる「トリスタン跳び」を引き合いに出すに留まらず、La Bataille Loquifer なるまるで知らない武勲詩に登場するという「聖マロ跳び( !! )」、果ては中世スペインの伝承に出てくるイングランド王リチャードの話( ムーア人から自軍を救うために騎乗したまま海に向かって跳躍した )、ヘスペリデス( ヘラクレスと金のりんご )、果てはダンテの『神曲』まで引っ張りだして、「地の果て」−「跳躍」−「神慮」−「不死」−「西の果て」という説を展開してます。ようするにブランダン修道院長は、ほかの中世の聖人たちの例に漏れず、彼岸と此岸、あの世とこの世を往還できる力がある人として描かれる必要があったために「地の果て」の絶壁から「目に入るのは海と雲だけ( ll. 213−4)」の世界へと跳んだのだ、と。当時はこうした「異界」の存在がいまほど不思議がられてもいなかったと思われること、また聖人伝やそれに類する書物の言及による真実の証明みたいな発想がわりとふつうだったこと、そして「この世の生はしょせん流刑のようなもの」と認識されていたことなどを引いて、「『地の果て』から跳躍すること、すなわち< ブランダン跳び >は最適かつ完璧な隠喩ではなかろうか」と結んでます( 蛇足ながらスペイン北部海岸沿いにあるビスカヤ県の県都ビルバオ市はバスク語圏なので、ケルトつながりでもある。『アイルランド来寇の書』に出てくるケルト人の祖先「ミールの息子たち」は、イベリア半島から渡来した可能性が高い )。

 もっとも、引き合いに出されている「トリスタン跳び」のほうは「あしたへ … 」、じゃなくて異界へジャンプ! といった含意はまるでなく、文字どおり敵陣から逃れるためにやむなく「飛び降りた」わけでして、その点はこの先生も断ってます。というわけで蒸し返しになるが、参考までにその「トリスタン跳び」のくだりも引用しておきます。

 一同がたどり行く道の途中、
とある岩山の上に礼拝堂があった。
それは岩山の突端に建てられていて、
海を見下ろし、北風に吹き曝されている。
内陣と呼ばれる部分は
一段と小高いところに位置し、
その先はただ絶壁あるのみ。

皆様がた、この岩山の中途に
大きな広い岩が突き出ていた。
トリスタンはいとも軽やかにそこへ降り立つ。
吹き上げる風が服を膨らませ、
まっしぐらに落下するのを防いだからだ。
コーンウォールの人々は今なおこの岩石を
「トリスタン跳び」と呼んでいる。
礼拝堂は人で一杯になっていた。
トリスタンは飛び降りる。
砂は軟らかだ。
膝まで砂にめり込んだ。
礼拝堂の前で待ち受けていた連中は
見事待ちぼうけ。トリスタンは逃げた。
神は大いなる情けをかけ給うた! 
大股で飛ぶように、彼は渚伝いに逃げ出す。
… ( ll. 915 − 961 ) **

 すばらしい考察だとは思うけれども、「フーガの技法」の詩編対応説よろしく、やや深読みのすぎる嫌いもなくはない。いや、テーマが「跳躍」なのだから、これくらいは許容範囲なのかな。

* … 原野昇 編『フランス中世文学を学ぶ人のために』p. xxvii による。本家サイトにも書いたように、成立年代は 1106 − 1121 年と推定される。

** 『フランス中世文学集 1 信仰と愛と』白水社、1990, pp. 174 −5. ベルール本『トリスタン』は、いわゆる「流布本系」と言われる系譜に属するもので、制作年代は 1170 − 90 年と推定されるが、物語の後半はべつの作者の手によるものとする説もある。

 なお Le Voyage de Saint Brendan については、電子テキスト本( !? )があることをついさっき発見( しかも現代仏語訳つき )! あいにくワタシは古仏語とかはわからないので、専門に学ばれている方は参照してみてください[ しかしそれにしてもすごいなここ、『ロランの歌( c. 1100 )』に『オーカッサンとニコレット( c. 1290 )』、中世に流行った『動物寓意集』まであるとは … ]。

2016年06月05日

よい音楽と、そうでない音楽

 いまさっき視聴したこちらの番組。4月 16 日に開かれた「第 1832 回 N響定演」からで、前半は大好きなバッハのさまざまな仮面、じゃなくて、いろんな編曲ものの至れり尽くせりオンパレードみたいなプログラム( まったくの偶然ながら、1+8+3+2+= 14、BACH だ !! )、後半は「革新的」と指揮者スラットキンが評するプロコフィエフの「交響曲第5番 変ロ長調 作品 100 」。

 スラットキンはインタヴューで開口一番、「この世には二種類の音楽しかない。よい音楽と、そうでない音楽だ[ 'There is good music, and there's the other stuff.' のように言ってた ]」とおっしゃってまして、個人的にまったくそのとおり、というか、ふだん思っていることをまんま言ってくださったのがうれしかった。スラットキンさんはジャンル横断的になんでも聴くと言っていて、その際基準になるのがたしかな耳があるかどうかだ、とも。ワタシもこのブログで、好き嫌いの問題という言い方をよくしてきたけれども、行きつくところはとどのつまりそうなるとは思うが、好きか嫌いか以前に聴くに値する音楽なのかどうなのか、これが的確に判断できるということも大事だと思う。そういう能力ないし感覚を持ちあわせてないと、いつぞやの「 HIROSHIMA 」事件ではないけれど、音楽とまるで関係ないところで文句つけたりすることにもなる( いまは著作権とかうるさいからしかたないけど、バッハ時代はふつーに人さまの作品をせっせと筆写して好き勝手に編曲して演奏していた )。作曲者がだれかではなく、作品としてどうなのか、ここが大事だと考えます。

 と、前置きはさておいて、この日の定演は生中継で「らじる」でも楽しんでいたけど、TV はやっぱいいもんだ。最近、NHKホールのシュッケオルガンの出番がなにげに増えているような気がして(?)そちらもうれしい。でもスラットキンさんの指揮でこの日の公演のもようを見ているうちに、ああ、この定演だけは実演に接するべきだったかも、と思ったり。なんたって「教会カンタータ BWV. 26 」の出だしのシンフォニア、原曲の無伴奏パルティータ BWV. 1006 前奏曲と、さらに管弦楽編曲版と、なんと3回も !!! 楽しめてしまうという、なんともぜーたくなプログラムだったのだから。オルガン弾いていた美しい女性奏者はどなたなのか、クレジットもされてなかったのでわからなかったけれども、オケのメンバー同様、オルガン界にも若い人材がどんどん出てきているから、だんだんこういうことが増えてくるのだらう。

 もうひとつうれしかったことは、なんと !!! 若きスラットキンさんとN響との懐かしの初共演に、これまたなんともひさしぶりにお目にかかれたこと。1984 年 10 月 17 日、というから、32 年前! しかも演奏曲がヴェーベルン編曲による「リチェルカータ」。そうか、スラットキンさん指揮N響の初顔合わせはバッハだったんだ。で、自分は中学生のとき、「N響アワー」でこれを見ています。眺めているうちに涙目になってきてしまった。原曲は言わずと知れた「音楽の捧げもの」の「6声のリチェルカーレ」で、「大王の主題」が一音ずつ金管から木管、そして弦楽へと受け渡されていくというひじょうにおもしろい、色彩的な管弦楽語法が駆使されてます。ヴェーベルン好きな人は、まずもって聴くべきすぱらしい編曲ものだと思います。

 そして最後の締めが、またまたバッハ、それも「シャコンヌ( BWV.1004 の終曲 )」を、4人のチェロアンサンブルで !!!! こういう編曲は寡聞にして聴いたことがなかったから、なんか今宵はすごく得した気分だ。チェロは音域のとても広い楽器だから、なるほどこういう芸当もありというわけなんですね。

 冒頭のインタヴューにもどるけれども、スラットキンさんは子どものころ、身近なところにオルガンを持つ音楽ホールもなく、またユダヤ教徒の集会所のシナゴーグにもオルガンなんかなかったから、バッハ体験はもっぱら管弦楽編曲されたもの、オーマンディ、ストコフスキー、レスピーギといった人たちの編曲を通して聴いたのが最初だったと話してました。「それがわたしにとっての authentic なバッハだったのです」。でも、前にも書いたことの蒸し返しになるが、どんなに転がっても、どんなに姿かたちを変じても、バッハはバッハなんですねぇ。この日の定演のもようを聴き直してみて、あらためてバッハの音楽の持つ測り知れない奥深さ、果てしない広がり、そしてなによりもその生き生きとした生命力、エネルギーをバシバシ感じました。ありがたいことです。マエストロ・スラットキンに、心からの感謝を捧げます( ほぼおなじ内容のことがこちらのページにも掲載されてます )。

posted by Curragh at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関連