2014年07月21日

こんどは国際バッハコンクールで快挙 !! 

 ここ数年、国際的な音楽コンクールにおいて邦人、とくに若い演奏家の入賞が毎年のように報じられ、音楽好きとしてはまことにうれしいかぎり。

 そんな折も折、こんどはライプツィッヒから朗報が。なんと、国際バッハコンクールヴァイオリン部門で弱冠はたちの若き俊英が最高賞入賞の快挙を成し遂げたという !! BRAVO !!! *

 今回、みごと第1位を獲得された岡本誠司さんというヴァイオリニストは、まだ東京芸大の2年生 … なんですって。すごい新星が出現したものだ。梅雨は明けたみたいだけど個人的にはあんまり晴れ晴れしない毎日を送っていたので、なんだか元気をもらったような、ひさしぶりにいい知らせでありました。

 NHK 総合の夜のニュースでも報じられていたので見たんですが、聴衆のひとりがコメントしていたことばが印象的でした … 「一音一音が真珠のように粒がそろっていてすばらしかった」とか、そういう趣旨のことを言っていた。… バッハでヴァイオリン、とくると、やっぱあれかしら、「シャコンヌ」。岡本さんの独奏で聴いてみたいなあ。

 「子どもころからバッハが大好き」だそうで … 「基本はバッハ」、と思ってるワタシとしてはまたしてもうれしいかぎり。心強いかぎりです。

 とくにバッハ弾き、というわけじゃないけど、静岡県にもすばらしい若手演奏家は何人もいまして … 何年か前に国際コンクールで入賞した掛川市出身の長尾春花さんもいますし … そうだ、掛川と言えばピアノの佐藤元洋さんもいます! やはり東京芸大に在学中で、ベルリンに留学中とか。個人的にはおおいに期待しているピアニストなので、静岡市あたりでリサイタルとか開いてくれればいいなあと思う、今日このごろ。

 … そういえばもうすぐ土用の丑の日。肝心の「うなぎ」が心配ではあるけれど、たまには蒲焼きでもしっかり食って、スタミナつけないといかんな … 暑中お見舞い申し上げます。

*... ご本人の公式 Twitter アカウント投稿によると、第1位のほかに、聴衆賞もあわせて受賞したとのことで、ご同慶の至りです。

本題と関係ない追記:「鶴瓶の家族に乾杯」、次週はまさかの( てっ ?! )西伊豆町( しかも安良里漁港 )! 昨年のいまごろはとんでもない水害に見舞われていた。彼岸参りに行ったときに浜川をすこし遡ったら、やはりそのときの爪痕ははっきり残っていた。Time flies ... あともうすこしでお盆か … 。

posted by Curragh at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュースから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101879515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック