2016年08月22日

『ダブリナーズ』

 予告通り、先月逝去された柳瀬尚紀先生の名訳から、いくつか引いてみたいと思います。まずはジョイス初期の傑作短篇集 Dubliners ( 1914;新潮文庫版 2009 )から、出だしの「姉妹 The Sisters 」冒頭部を[ 以下、下線は引用者、ルビと太字強調は訳文のまま ]。*
 あの人は今度こそ助からない。三度目の卒中だった。毎晩毎晩、僕はあの家の前へ行っては( 学校は休みに入っていた )、明かりの(とも)っている四角い窓を見つめた。来る晩も来る晩も、ほんのりと一様に、変らず明りが点っていた。もし()くなったのなら、暗く(かげ)ったブラインドに(ろう)(そく)影が映るはずだ。死んだ人の(まくら)(もと)には二本の蠟燭を立てることになっているのだから。しょっちゅう聞かされていた。わたしはもう長くない。そんなのは(あだ)(ごと)だと思っていた。今になってみれば、本当だったのだ。毎晩、あの窓を見上げながら、(ちゅう)(ふう)という言葉を小さくひとりごちた。それまではずっと、別世界の言葉みたいに耳になじまないひびきだった。(ユー)()(リッド)(けい)(せつ)(けい)(カテ)()()()の聖職売買という言葉と同じようなひびき。それが今や、極悪非道の生き物の名前みたいなひびきに聞える。怖くて(すく)みあがった。そりくせ少しは近づいて行って、そいつの荒仕事を見届けたい気がした。( p. 11 )
 おんなじ箇所を、新潮文庫にかつて入っていた旧訳版と比較してみます。
 今度はもうだめだろう、これで三度目の卒中だったから。毎晩のように、私はあの家の前を通って( ちょうど休暇だったので )、あかりのついた四角い窓を注意ぶかくながめた。くる晩もくる晩もそこは相変わらず、淡く一様に明るんでいるのを見た。もし()くなったのなら、暗くかげった(まど)(おお)いに(ろう)(そく)の灯がうつるだろう、と私は思っていた。なぜというに、死人の頭のところには必ず二本の蠟燭を立てるということを知っていたから。彼はよく私に言ったものだ ―― 「わしはもう長くはあるまい」と、だが、私はそれをいいかげんな言いぐさとしか考えていなかった。いまそのことばが嘘でないことがわかった。毎晩窓を仰ぎながら、私はひとり小さな声で、「(パラ)(リシス)」と言ってみるのだった。これは私の耳に、ユークリッド幾何学の()()(モン)( 訳注 平行四辺形の一角を含んでその相似形を切り取った残りの形 )ということばや、『カトリック要理』の中の()()()()( 訳注 僧職における昇進、禄、利得を売買する行為 )ということばとおなじように、いつも奇妙にひびくのであった。けれども、いまは何か(ざい)(ごう)の深い者の名前のようにひびいてきた。で、私はこわくてたまらないのだが、しかもなお、それに近よってその恐ろしい働きを見とどけたいと思うのだった。

[ 原文 ]:THERE was no hope for him this time: it was the third stroke. Night after night I had passed the house ( it was vacation time ) and studied the lighted square of window: and night after night I had found it lighted in the same way, faintly and evenly. If he was dead, I thought, I would see the reflection of candles on the darkened blind for I knew that two candles must be set at the head of a corpse. He had often said to me : I am not long for this world, and I had thought his words idle. Now I knew they were true. Every night as I gazed up at the window I said softly to myself the word paralysis. It had always sounded strangely in my ears, like the word gnomon in the Euclid and the word simony in the Catechism. But now it sounded to me like the name of some maleficent and sinful being. It filled me with fear, and yet I longed to be nearer to it and to look upon its deadly work.

 この冒頭部の下線箇所、集英社版『ダブリンの市民( 1999 )』ではそれぞれ「休暇中だった」、「 … 暗いブラインドに蠟燭の()(かげ)が映るはずだ」、「いつもはこの言葉がよそよそしく響いたものだ」になってます。「よそよそしい」、むむむ。当たらずとも遠からず? 

 前にも書いたように、翻訳というのは音楽作品の演奏( 解釈 )とおんなじで、翻訳者が 10 人いれば 10 通りの訳文ができあがるもので、ワタシはこの人のこの訳が好き、という嗜好の問題もあるので一概にいいとか悪いとか言えないかもしれない。偉大な先達による翻訳という営為にケチつける、という意図はまったくないながら( そんな資格も三角もないことは重々承知 )、ではこのジョイスの手になる短編冒頭をはじめて読む読み手にとって、どれがもっともイメージを掻き立てられる翻訳なのか、あるいはどの訳がこの物語をすんなりイメージできるのか。そういう視点に立ったとき、今回、3 人の訳者先生による「姉妹」冒頭部の訳文をはじめて突き合わせて一読した者としては、やはり柳瀬先生の翻訳がもっとも鮮やかで、自然で、神経の行き届いた訳文に仕上がっている、というのが率直な感想でした。たとえば新潮文庫の旧版の書き出しは、とてもじゃないが少年の視点で語られている文章とは思えず、壮年期にさしかかってからの回想文体のようで、ジョイスの意図にはそぐわないんじゃないの、と一読者としてはそんなふうにも感じる。「文体」って文学作品の命みたいなもんですから、翻訳するときはこういう点にも神経を配らないといけない … と自分に言い聞かせつつ。

 柳瀬先生の他の著作もこの際だからといくつか読んでみると、集英社の3巻本『ユリシーズ』邦訳に対してはずいぶんと辛辣です。たしかに不要な「脚注」というのもところどころ目についたりする。「姉妹」にしても、のっけに出てくる gnomon について、「平行四辺形の一角からその相似形を取り去った残りの部分」まではいいにしても、なんでまたすぐそのあとに「日時計の指針という意味もある」なんてつづくのか。こんなとこでいきなり「日時計の針」なんてあり得ないのにもかかわらず、にです[ もっとも、「出会い」にさりげなく出てくる「日もいまだ明けやらぬうちに … 」というのが『ガリア戦記』の英訳引用とか、「土くれ」に出てくるマイケル・ウィリアム・バルフという人のオペラのアリア「夢に見しわれは」、あるいは「委員会室の蔦の日」のチャールズ・スチュアート・パーネルについての説明とかは邦訳読者の理解の助けになるとは思うけど ]。

 著作を読んだかぎりでは、柳瀬先生にとって翻訳とはまずなによりも「文体を翻訳すること」の一点に尽きる。深町眞理子氏も、著作でやはり「いかに」をどう訳出するか、を強調していて、けっきょくおんなじことをおっしゃっている。そういう「柳瀬の姿勢」は、随所に見られる。たとえば「二人の伊達男 Two Gallants 」に出てくる 'His voice seemed winnowed of vigour ; and to enforce his words he added with humour : ... ' を「この声は活力を簸( ひ )られたふうだった。そこで言葉を補強すべく、茶目っ気をこめて言いそえた」とあえて古風な「簸る」を当ててます。おなじ箇所を新潮文庫旧訳版は「彼の声は、精力からふるい出されるようだった。そして、自分の言葉を強調するために、諧謔( かいぎゃく )を加えて言い添えた ―― 」、集英社版では「その声には活力を吹き捨てたような感じがある。彼は自分の言葉を強調するために、ユーモアをまじえてつけ加えた」。… むむむ、「ふるい出される」だの、「吹き捨てた」だの … なんかこういまいちピンとこないなあ( 苦笑 )。外ヅラの威勢だけはやたらいい、カラ元気張ってるだけってとこなんだろうけれども。

 短編集なので、あっちこっち拾いたいのはやまやまながら、一気に飛んでもっとも有名な巻末の「死せるものたち The Dead 」の、もっとも印象的な終結部を一部ですが引いてみます。
 カサカサッと窓ガラスを打つ音がして、窓を見やった。また雪が降りだしている。眠りに落ちつつ見つめると、ひらひら舞う銀色と黒の雪が、灯火の中を斜めに滑り落ちる。自分も西へ向う旅に出る時が来たのだ。そう、新聞の伝えるとおりだ。雪はアイルランド全土に降っている。…… 雪がかすかに音立てて宇宙の彼方から()(なた)から舞い降り、生けるものと死せるものの上にあまねく、そのすべての(さい)()の降下のごとく、かすかに音立てて降り落ちるのを聞きながら、彼の魂はゆっくりと感覚を失っていった。

[ 原文 ]:A few light taps upon the pane made him turn to the window. It had begun to snow again. He watched sleepily the flakes, silver and dark, falling obliquely against the lamplight. The time had come for him to set out on his journey westward. Yes, the newspapers were right : ...... His soul swooned slowly as he heard the snow falling faintly through the universe and faintly falling, like the descent of their last end, upon all the living and the dead.

 旧訳版では、
 サラサラと窓ガラスにあたる軽い音が、彼を窓の方にふりむかせた。また雪が降りはじめたのだ。彼は(がい)(とう)の光へ斜めに落ちかかる、銀と薄墨の雪片を眠たげにながめた。西部への旅に出発する時間がきたのだ。そう、新聞の言うとおりだ、アイルランドじゅうがすっかり雪なのだ。…… 天地万物をこめてひそやかに降りかかり、なべての生けるものと死せるものの上に、それらの最期が到来したように、ひそやかに振りかかる雪の音を耳にしながら、彼の心はおもむろに意識を失っていった。

 両訳文を比べてみてどうでしょうか。ひとつ気づくのは人称代名詞の頻度。柳瀬訳では「自分」以外の「彼」だの「それら」だのがひとつも使われていないことに気づきます。これも先生の「翻訳の姿勢」かと思ったしだいです。ワタシもなるべく人称代名詞は使いたくない人で、理想はコミさん[ 故田中小実昌氏 ]みたいな文章が書けるといいな、なんて不遜にも考えていたりするんですけど、柳瀬先生も人称代名詞なしでこの終結部をみごとに訳出されてます。いまひとつ気づくのが、降り落ちる雪の擬音の処理。北海道根室市出身、ということもあるのだろうか、「カサカサッ」という窓に当たる音がとても vivid に聞こえる。ここの箇所を集英社版では「二、三度、窓ガラスを軽く打つ音が聞こえたので、彼は窓の方を向いた」。またしても「彼」 !! あと細かいことだが「〜の方へ」という言い方も、スピード感が殺がれてよくないと思う。

 「姉妹」も「死せるものたち」も、話者こそ生けるものたちではあるけれど、そのじつ死者がテーマになっている作品、というわけでつぎは「死者たちの声」に溢れかえっているような、というかアビイ叫喚みたいな作品へとつづく……

* ... 手許にある原本は James Joyce, Dubliners , Modern Library Edition, repr., corrected text by Robert Sholes in consultation with Richard Ellmann, New York, 1993。柳瀬先生の著作の引用はすべて『翻訳は実践である』、河出文庫、1997。

posted by Curragh at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 名訳に学ぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176568082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック