2018年02月18日

「記録は並ばれるためにある」

 正直に打ち明けると、今回の冬季五輪はさして興味がなかった。代表選手のみなさんがこの大会目指して精神も肉体も文字どおり削る思いで乗りこんでいったのは当然、承知しておきながらも、今回ほど政治プロパガンダの強烈な雑音に掻き消されるような、かつてのミュンヘン夏季五輪を思い起こさせるような暗い政治色に染まった冬季大会はちょっと記憶にない気がする( 冷戦時代、西側がモスクワ五輪をボイコットしたことはたしかにあったが )。

 でもいざ始まってしまえば TV はもちろん競技中継一色になるので、個人的に好きなカーリングとかは見てました。高梨沙羅選手の五輪初メダル、スノーボードハーフパイプの平野歩夢選手といった若手の活躍もあって、フィギュアスケート競技が始まるころには北朝鮮情勢云々 … といったことも印象が薄れていき、いつもの五輪観戦気分になってきた。なんだかんだ言ってもやはり特別な大会ですからね。

 フィギュアスケート競技って、以前にも似たようなこと書いたかもしれないけれども、たんなるスポーツというよりは舞台芸術に近いものと思ってます。スケーターは氷盤という大舞台で舞を舞うわけです。でも今回の羽生結弦・宇野昌磨両選手のとんでもなくすばらしい偉業 … は、いったいどこのだれが予見したでしょうか。

 あれだけの大けがを負い、氷の上に立って練習を開始したのがたったの3週間前だという。でも彼は成し遂げた。いちばん心に去来したであろうことは、やはり地元・仙台のことだったと思う。あの瞬間、全国各地でみな NHK の生中継を食い入るように見守っていたのではないか。大真面目な話、ほんとうにあの4分半こそ、ひとりびとりの想いがひとつになった瞬間だったんじゃなかろうか。と、ずいぶん勝手な独善的感想を書いてしまったが、ほんとうに超一流の人ってやっぱり超一流なのだ、とも感じた。年齢ではないですね。あとで地元紙の記事見てはじめて知ったのだが、羽生選手は約2か月間、陸上での基礎トレーニング以外の時間は解剖学や方法論関連の論文を読み漁っていたのだそうです。コーチのブライアン・オーサー先生いわく、「これは運ではない」。

 フィギュアスケート競技での五輪連覇というのはじつに 66 年ぶりの快挙、ということもはじめて知りまして、66 年前に大記録を打ち立てたディック・バトンという元フィギュア選手のツイートも紹介されてました。興味をそそられたのでさっそくのぞいてみたら[ いつものように下線強調は引用者 ]、
... Hanyu - Quad Salchow, beautiful easy and light
... Fernandez - strong, musical and theatrical.
... Uno - A powerful sparkplug,
... Bravo Hanyu, Records are made to be tie( sic )

とまあ、観戦しながら iPhone なのか iPad なのかはたまた Macbook なのかはわからんが、Twitter 上で実況してますねぇ。でも「記録は並ばれるためにあるものだ」なんてさすが。いい表現なのでメモっておきました(
笑 )。おなじ人さまの tweet を見るなら、ここの国の大統領の品性下劣丸出しコメントなんかよりよっぽど精神衛生によい。

 ところで SP の日の夜、NHK ニュースで羽生選手のことを報じた NYT 記事が紹介されてまして、なんと 'Yuzuru Hanyu Shines' なんて見出しだったそうです。確認しようと思って電子版見たら、いつのまにか( ? )'Yuzuru Hanyu Commands the Stage' に差し替えられていた( 泣 )。電子版は紙の新聞とちがって、ちょちょっと訂正削除ができるということか( ちなみにこういうことはよくある )。やっぱり向こうの人の感覚って、「ユヅル、光り輝く」という、地元を舞台にしたスクールアイドルの物語じゃないけどいかにも抒情的で日本人好みのタイトルより、もっとパンチの効いた「ユヅルの独擅場 / ユヅルの独り舞台」みたいな言い方のほうが広告費が稼げるとでも思ったのかな[ どこのメディアのコメントかは知らないけど、羽生選手のフリーの演技を 'ethereal' と評していた。TV 字幕の訳は「この世のものとは思えない」とかなんとか、そんな日本語だったが、字義通りには「エーテルのような」。人間離れしていかにも空気の精みたいに軽やか、あるいは妙なる美しいスケーティングだった、ということなのだろうけれども、たしかにこれうまく日本語にならない見本のような言い回しではある。昔のさる音楽評論家の言い方だったという「絶美なる」なんかはどうかな?]。

 羽生選手、とくると、例の黄色のクマさんの山。海外メディア記者( ほんとは Japan Times みたいですけど )が記者会見で挙手して、なに訊いてくるかと思ったら、なんとそのプーさんのことだった( … そんなことどうでもいいじゃないかって TV の前のおっさんはひとりごちていた。ちなみにバトン氏も 'Hanyu - Beautiful Programs , beautiful choreography it looks like its raining teddy bears.' とコメントしていた )。でもその受け答えがまた、ふるってました。「地元の子どもたちに寄付する。いくつかは持って帰るけど」[ → 関連報道記事 ]。

こんなこと書くと当の羽生選手からクレームがくるかもしれないが、彼はいまの日本がとっくの昔に失ってしまった、いわゆる「サムライ」精神の化身みたいな人だと思っている。たとえはヘンだが福音書の有名なたとえの表現を借りて言えば、

'For this Samurai spirit was dead and is alive again; it was lost, and is found.'

[ 付記。スペイン代表のフェルナンデス選手もみごと3位入賞で Congrats !! 愚直にやりつづけることの大切さをあらためて感じたしだい。この人もまたある意味スペインのサムライ、いや中世騎士道の体現者のように思える。受け答えとかいちいちすばらしいし、彼の性格のよさ、あたたかい人柄があふれてますね ]

He made history indeed !! #congrats #yuzuruhanyu #shomauno #javierfernandez #pyeongchang2018 #winterolympics2018 #wintergames2018 #figureskating


posted by Curragh at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュースから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182456729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック