2008年08月23日

子どもたちに罪はないが…

 きのうはいままでの酷暑がウソみたいにさわやかで涼しい一日でした。健診ついでにとなり町の図書館に寄って本を返却し、そのまま写真を撮ったりしてぶらぶらしてました。帰宅したら、遠方に住む甥っ子一家が墓参ついでに拙宅に立ち寄るとの連絡があり、今年2歳になったばかりのかわいい盛りの愛娘もつれてきてくれたので、まったく思いがけず撮影したばかりの小動物の写真とかが役に立ったりしました。

 本題。ほんとはべつのことを書こうかと思っていたら、やはり、というか、ちょっと気になって切り抜いておいた新聞記事のことが――こっちもまったく思いがけず――AFPBBサイトで報じられていたのですこしだけ私感を。

 もっとも当の子どもたちに罪はない。とはいえただでさえ問題の多いこの大国での五輪開催についてはすでにいろんな人がそれぞれ書いているから、ここでは触れない。だいいち大会も折り返し点はとうに過ぎているし、なんだかんだ言ってもけっこう盛り上がってもいる。主役の出場選手にしてみれば、うるう年がめぐってくるたびに最高のコンディションに高めてオリンピックのためにすべてを投げ打ち調整してきたのだから、もてる力を存分に発揮してほしいと思う。五輪三連覇が期待された谷亮子選手が3位に終わったときも、本人にとっては不本意だったと思うけれども何色でもメダルを連続で取ったことには変わりはないし、これだけでもすごいと思う。一部報道もよくない。見出しも「金ならず」とかどうして否定的な文言ばかり並べるのか。「ママでもメダル!」でいいじゃないか。

 「やらせ」については、この国も人のこと言えた義理ではないけれども、開会式の足跡の花火映像といい、少女歌手のlip-syncといい今回の問題といい、はっきり言って興ざめ。感覚がちがうといってしまえばそれまでかもしれないが、いくらなんでも酷いのでは(ピアノ弾いてた郎朗くんは本物ですけど)。少数民族については、たとえばいま問題になっている西の外れ、新疆ウイグル自治区カシュガルあたりでは、漢民族の警官が部下のウイグル人警官を下人かなんかのごとくこき使っているというある女性観光客の目撃談を地元紙上で読んだばかり。「警官のあまりの横柄さに腹が立った」。で、その記事書いた記者は開会式の「少数民族の子どもたち」についても触れていて、「漢民族のすべてがウイグル人に対して優越意識を持っているわけではないだろう。しかし、日常生活のなかで、小さな恨みが積もり重なっていくことが、過激派を生む要因のひとつになっていることは容易に察しがつく。…開会式では中国の55少数民族の子供たちが国旗(五星紅旗)と一緒に入場する『演出』があった。真に少数民族が笑顔で五星紅旗を仰ぎ見る日は来るのだろうか」。ところがこの子どもたちまで漢民族となると、漢民族に支配され抑圧されている少数民族の人はどう感じるだろうか。ことはたんなる「演出」ではすまされないと思う。奇しくもやはり先日、地元紙朝刊に寄稿していた静岡出身の経済評論家竹内宏氏も書いていたけれど、中国が真の大国になるには、「漢民族同化」を強引に推し進めるいわゆる中華思想ではなく、少数民族の自治権を拡大した「ゆるやかな連邦」を目指すべきだと思う(そういえばNHKについても書いてましたね…でも個人的には今朝再放送していた故ターシャ・テューダーさんの一連のドキュメントはほんとうにすばらしい番組だったと思うし、ああいう番組こそNHKにはどんどん作ってもらいたいと思う)。

 オリンピックとくると、当たり前ではありますが、どこの国も自国選手団のことしか報じない。でもたとえばいま検索してみたら、アイルランドの陸上選手団が松江で合宿したとか。ラフカディオ・ハーンゆかりの地でもあるし、なるほどとは思ったが、ではハーンが晩年避暑に来ていた焼津ではどうなんだろ。残念ながら静岡県とアイルランドの人的交流というのは寡聞にして知らない。ちなみにこちらの速報サイトには、ボクシングで銀メダルを確実にした26歳の選手のことが報じられている。アイルランドはいまのところ銅メダルふたつどまりのようです(→ハーンと焼津について)。

 地元紙ついでに、朝刊に長期連載中の4コマ漫画。いつもはクスっと笑えるオチないし自虐的ネタが振るっているのですが、先日の漫画はちがった。見た瞬間、またしても泪目になってしまった。おそらくこれは作者がじっさいに聞いた話をもとにしているのではないかと思う。「戦争でも…」などととんでもないことを軽々しく言い出す輩が出現している昨今、これは作者の静かな抗議のようにも思える。著作権法に抵触するかもしれないが、図書館に行って見てというにはもったいないと思うので、あえてここに画像を載せておきます。

2008年8月20日付「こつぶちゃん」


posted by Curragh at 14:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 最近のニュースから
この記事へのコメント
ハーンが、焼津とも関わりが(しかもそれほどのattachmentが)あったのは知りませんでした・・・昔、NHKで彼の一生を2話にわけてドラマ化していたんですが、、、ご覧になりましたか?あっ、、、私が20代半ばのことなので、、Curraghさんはまだそんなものは・・の年齢でいらしたでしょうか(笑)ハーン役は、West Side Storyのジョージ・チャキリス、節さんは壇ふみだったと記憶しています。とても美しい素晴らしいドラマでしたよ。今でもいくつかの名場面を覚えていますが、、、

北京開会式美少女はlip-synchだったときいて、私もやっぱりなあと、、、
Posted by Keiko at 2008年08月24日 15:48
Keikoさん

おお、そうですか! NHKで放映されていたんですね…。「アーカイブス」で再放映されないかしら。

さて「閉会式」ではどんな「演出」が待っているのでしょうか…。
Posted by Curragh at 2008年08月24日 17:33
ドラマのタイトルは「日本の面影」といいます。山田太一脚本。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%9D%A2%E5%BD%B1

私もさっきコメントしたあと気になって検索してみたのですが、、、2005年にアーカイブスで放送されてたそうです!知らなかった。。orz... それと、2回ではなくて4回で完結のドラマで、その2005年の放送の前にすでに20年以上前にいったん再放送があっていました。私は、それと、初回放送との両方を見ていますが、ともかく、残念ながら焼津へ行ったシーンというのは含まれていませんでした。

いまだに、このドラマのことを熱く語るブログやBBSが結構あることからみても、本当に素晴らしい作品だったんだなと今更ながらに思います。



Posted by Keiko at 2008年08月24日 20:57
「ビバ! 合唱」を聴きながら書いています。

「日本の面影」ですか。タイトルは聞いたことありますが、残念ながら見ていませんでした、再放映も…。

お仕事忙しそうですが、YouTubeサイトから独断で選んだ動画を気分転換ついでにご覧くださいませ(笑)。
Posted by Curragh at 2008年08月24日 21:32
お気遣いありがとうございます。。m(__)m

好きでやっている仕事なので、ストレスはそんなにないとはいえ、とにかく心身が疲労困憊になるなものですから、軽い気分転換をprovideしていただくのは大変助かります。。(笑) この13歳少年・・一体何者なのでしょうね!テクニックもお顔も、それから、二重ペダルを踏むところで、「ごほっ」と満足げにおじさんのような咳払いをするところなど、大物になりそうですね!
ところで、この曲、何かで聴いていたのですが・・バッハのとは知りませんでした。。。何で聴いたのか、どうしても思い出せないのです(ううん、気持ちわるいっ)。何かのコンサートで演奏者が退場するシーンのBGMだったかなあ、、それとも、何かのロックのCDとかのエンディングでフェイドアウトしていたんだっけな・・・
Posted by Keiko at 2008年08月25日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18288501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック