2007年03月03日

ついにBBCもetc.

1). 夕刊のちいさな記事を見てびっくり。WarnerにつづいてこんどはBBCですか。よっぽどYouTubeのユーザー数の多さが魅力的なんですね、きっと。Warnerのときにもおんなじこと書いたけれども、たしかに本来は自前のコンテンツを投稿・公開すべきサイトなのに、けっこうな数の「違法」コンテンツが投稿されているのも事実です。違法ではあるが、YouTube側では「一度に転送できるファイルサイズは100MBまで、コンテンツの長さは10分以内」という制限つきにしているし、たとえば過去の、それも海外の番組となると見られるのはここだけ…というのもまた事実。そのへんのところをどうするのか。従来だと権利者側がサイトに削除依頼して、サイトが権利者の代わりに「利用規約違反」として当のユーザーに削除するよう求める、悪くすれば訴えられる、というパターンがふつうだったのですが、Warnerのことがあってから、あきらかに風向きが変わってきたような気がします。

 今回もたぶんWarnerとおんなじような方法でBBC側はYouTubeユーザー層を取り込もう、とするのでしょうけれども…そしてもっと驚いたのはNHKのニュースでこの話を取り上げたのを見たとき。なんとBBCは「BBCブランドを傷つけるよう意図的に編集されたりした場合をのぞき、すでに掲載された番組は削除を求めない」という!! 「商売に走っている」という批判も受けているようですが、利用者側から見ると、国際放送局BBCの制作した番組が事実上無料で試聴できるのはすごいこと。BBCは自前のサイトもひじょうに充実していてそれだけでも進んでいるなぁと感心していたんですが、まさかYouTubeと契約するとは思ってもみませんでした。これからはいままで違法扱いされていたコンテンツについてもここに堂々とリンクを貼ったり紹介したりできますねるんるん(BBC関連ではLiberaをはじめ、過去・現在のいろいろな番組がすでにYouTubeサイトに多数存在しています。そういえば『オーメン2』でダミアン役やってた俳優さんなんか、その後もいくつかBBCのTVドラマに出ていたなんてこともYouTubeではじめて知ったりしました)。

 自分はなにも違法コンテンツの投稿を手放しで認めているわけではありません。そうは言っても、従来の「手当たりしだいに潰す」やり方では限界がある。もっとこういう形で「共存共栄」したほうがいいのではないかと…著作権保護も大切だと思うが、たとえば書籍の世界で起きている「著作権保護を50年から70年へ延長すべき」という主張には賛成しかねる。だいいち「すぐれた作品・名作を産み出すこと」と著作権延長とはそもそも関係ないはず。なんでも欧米に足並みそろえなくてもいいのでは。いずれにしてもことが権利関係、利害関係になると話はややこしくなるものです…。

2). 高知大学の岡村眞教授のグループが、池や沼の堆積物の綿密な分析の結果、東海・東南海・南海地震が同時に起こる周期が350年間隔らしい、こんどはその「3つ同時発生型」になるかもしれない…というニュースを見たときには正直背筋が寒くなった。静岡では今年は「宝永噴火から300年」という認識はあっても、そのときその「東海・東南海・南海地震が同時発生した」ことはあんまり話題に上っていない。専門家の警告を待つまでもなく、もしそんなことが起きたら江戸時代では考えられなかった「想定外」の災害がたくさん発生するにちがいありませんし、太平洋一帯が壊滅するのはまず避けられそうにない。大地震の不安のない国にでも移住するしかないのかな…と考えたりもする今日このごろ(海外移住がそんなに生易しくないことは承知していますが)。無感もふくめれば毎日のように地震が起きる国というのは、たとえば英国の人にとっては信じられないことかもしれませんね。向こうではいつだったか、夜、震度4くらいの地震が発生したとき、慌てふためいた住人が外に飛び出した…という話を聞いたことがあります。

3). 考古学(?)関係ではこんなニュースも。せんだってDiscovery Channelでも放映され、NYTimesにも番組評が載ってましたが、あれま、いつぞやの『出エジプト記の真実』のコンビじゃないですか。でも今回にかぎって言えば、どうにも説得力に欠ける。石灰岩でできた「骨壷」みたいな箱というのも…個人的には表面に描かれた模様のほうが気になったりして(笑)。記事にもありましたが、番組制作者側の主張はなんだか「循環論法」のような気が…。すくなくとも記事を見るかぎり、このドキュメンタリー番組を見ようという気は起きませんね。むしろストーンヘンジ近くで見つかったという集落跡とか、バーミヤンの石窟寺院跡から発見され、日本の学者によって賢劫経(けんごうきょう)の最古の写本であると確認された椰子の葉の断片とか、そっちのほうがおおいに気になりますね。

 …NHK-FMの「バロックの森」。木曜の朝にブクステフーデの「われらがイエスの御体」から「胸について」をオンエアしてました。アルトパートをカウンターテナーの米良良一さんが歌ってました…まだ聴いたことのない作品だったから、とても興味深かった。全編ゆったりとしたテンポで歌われ、途中でアルトとバスの二重唱もあって美しかった。でもどうせなら全曲通して聴いてみたかった…気もする。

posted by Curragh at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュースから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3467950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック