2010年06月15日

All's well that ends well!

 すでに感動の声が多く上がっているのでかんたんにしておきますが、とにかく「はやぶさ」、よく帰ってきてくれました! これはまぎれもなく世界に誇れる快挙です。しかもカプセルがぶじに豪州のウーメラ砂漠(本来は立ち入り禁止区域らしい)の「予定していた」落下地点にほぼ狙いどおりに帰ってきた、というのもすごい話。産業の空洞化が進んでこのままでは先進国一の「格差大国」・米国のようになってしまうんじゃないかとなかば暗澹とした気持ちにもなっていたんですが、技術立国の面目躍如というか、とにかくJAXAの関係者の方、いままでお疲れさまでした。7年間もの「航海」、というのはなんだかなにかと似ていなくもないけれども、本来は4年で帰還するはずが燃料洩れやらイオンエンジン故障やらとトラブルつづきで、結果的に帰還まで7年もかかってしまったらしい。またいっとき通信が途絶して行方不明状態だったらしいから、今回の帰還――いや生還? ――はまさに奇跡的としか言いようがない。

 それにしてもあのカプセルって小さいですね…直径30cmくらいらしい(→JAXAの公式ページ)。パラシュートが開いたときにふたつに分かれて落下した、金色の耐熱カバーのほうもぶじ回収されたのかな? 2万度の超高温にも耐えられるというこの外殻。燃え尽きた本体に搭載されたイオンエンジン。自律型ロボット機能。「はやぶさ」はありとあらゆるところに日本古来の技術と最新テクノロジーが融合した、文字どおりの持てる技術の粋を集めた傑作ですね。顧みてワタシはこの7年、なにをやっていたのだろうかと思わなくもない(反省)。カプセルの落下地点の画像とか見ますと、下生えが生えてなければまるで火星の地表面を思わせるようなきれいな赤土の砂漠だったのも印象的でした。「イトカワ」の岩片がほんのちょっとでも入っていればいいですね。なんといっても、今回のミッションは米国の後追いではなく、まったくゼロからの独創的な発想から生まれ、実現されたもの。これから重要になってくるのは、優秀な若い技術者のためにもこのミッションから得られたさまざまなフィードバックをつぎのミッションにいかに生かすか、ではないかと思う(→関連記事)。

 今回のミッションは月以外の天体に行って帰還したこと、小惑星にはじめて降り立ったこと、岩石試料採取を試みたことなどなど、いろいろな点で世界の宇宙開発史上に残した貢献は計り知れないものがある。「はやぶさ」のカプセルがぶじ発見・回収されたという報に接したとき、ふと「終わりよきもの、すべてよし」というシェイクスピアの有名なことばが頭に浮かびました。

 ところで…ちょうどときをおなじくして南アで開催中のFIFAワールドカップで日本勢が初陣を飾りましたが、当日の地元紙朝刊を見てびっくり。全面ブルーでなにやら「寄せ書き」がいっぱい。??? と思ったら、ラッピング紙面らしくてそれをめくったらいつもの一面が出てきた。なるほど、これってけっこうユニークでおもしろいアイディアですな。しかも子どもからお年寄りまで、ふつうの人がそれぞれ思いを書いているところがいい。昔だったらたいていこういうのって、どこかの会社の社長さんとか大学の学長さんとか政治家とか、そんな肩書きの人による堅苦しい形式張った挨拶しか掲載されなかったんじゃないかな。見方を変えれば今回の試み、個人が気軽に発信できるWebというソーシャルメディアにたいする新聞制作側の危機感の表れともとれるかもしれないが…。そのなかにこんなのがありました。'I support Japan! Japan vs. Spain would be a nice final, wouldn't it?'。これ書いたのは静岡県在住のスペインの人らしいけれども、wouldはもちろん仮定法過去のwould。で、今週の「チャロ」はいろんな仮定法の言い方が出てきますね。'It would be better to search together, I think(ひとりで探すよりふたりのほうがいいわよ、きっと).'、'I could never love that Shiney(そんなシャイニーなんてとても愛せない).'、'I wish I had something to believe in(わたしも強い信念をもっていたいと思うわ).'とか。英語ついでに「ラジオ英会話」のリスニング問題、開店したばかりのレストランの名前がふるっていて、'Eat, Drink & Be Merry!'なんていう名前。でもこれって遠山先生がおっしゃっていたように、旧約外典の「伝道の書」からの一節、'Eat, drink, and be merry, for tomorrow we die'だったんですね、知らんかった。そういえばいま読んでいる小説には古めかしい言い方がやたらと出てきまして、たとえばdoth, methinks, canst, afoot, morrow, aught, god-speedとか。いずれもほとんど死語に近いんじゃないかしら。

 さらに話が脱線して申し訳ありませんが、渋谷のHMVって8月で店じまいするらしい…そういえば近所からはとっくにCD屋さんが姿を消し、自分はといえばもっぱらAmazonで国内盤・輸入盤問わずにせっせと買っていたりする。音楽ファンのCDの買い方がここ10年くらいですっかり変わってしまったのがおもな原因かとは思うけれども、やっぱり寂しいな。あそこはBAC初来日のときだったかな、会場に行く前に立ち寄ったことがありまして、そこでエドのサインと寄せ書き('Many many thanks to HMV Shibuya!!' とか書いてあった)みたいなものを見たことがあります。BACはその後も来日するたびにあそこでインストアライヴを開いていたらしいけれども、自分が立ち寄ったのはけっきょくそのときかぎり。イートンカレッジ公演のときに池袋西口のメトロポリタンプラザのHMVに立ち寄ったけど、いささか心配ではある(ヴァルヒャのモノラル全集盤もここで買ったし、アンソニー・ウェイのアルバムなんかもぜんぶここで買ったような気がする)。銀座の山野楽器のほうは大丈夫かと思いますが。

posted by Curragh at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュースから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38953281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック