2006年02月26日

昼間からTokaji!!

 Liberaが「彼方の光」生歌唱を披露してくれてからちょうど一週間たったきのうの土曜スタジオパーク。「世界遺産100」の江守さんが出てましたが、しばらく見ているとなんとトカイが?! 

 …昼間からいきなり超甘口デザートワインですか…文字通りTV画面の前で垂涎のまなざし。

 うちのTV受像機(20年選手)のせいかどうかはわかりませんが、みなさんのグラスに注がれたトカイの色はずいぶん濃くて、ほとんどブランデーのように見えました。自分が数年前に飲んだものはもうすこし黄金色(こがねいろ)がかった琥珀色でした(きっとみなさんのは5プットニョスくらいの高級品だったんでしょう[?])。

 トカイは苺のショートケーキもしくはレアチーズケーキのお供には最適。

 今冬の欧州は日本同様、厳しい寒波に見舞われてさんざんでしたが、アイスワインにとってはよかったようで、先日海外ニュースを見ていたら、オーストリアの葡萄農家が嬉々として凍りついた葡萄の房を大急ぎで収穫している映像を見ました。

 アイスワインはいまだに口にしたことがないので、財布さえ許せば買ってみたい。

 …とそれはどうでもよいとして、やっぱり荒川選手の金メダルですね。女子カーリングや男子フィギュアも善戦かなわずだったので、とにかくこれはすばらしい快挙でした…お母様の実家が富士宮だそうで、地元紙も号外を出したりしてました(トリノ五輪、アイルランドの戦績はどうだったのかな?)。

 ショートのときはショパンの「幻想即興曲」(管弦楽編曲版)、フリー演技のときは「だれも寝てはならぬ(トゥーランドット)」(開会式でパバロッティが歌ってましたね。文字通りだれも寝られなかったでしょう…)、エキシビションでは'You raise me up'…という選曲でした。ショートとフリーでは使用曲を直前になって変更したそうですが(開催国に配慮して?)、どれも優美さそのもののスケーティングにぴったりだったと思いました。スポーツとはいえ、フィギュアスケートはどちらかというと総合芸術だと思うので、選曲も重要な要素にちがいありません。

 'You raise me up'... 演技がはじまってしばらく経過してから、「ああ、これか…」と気づきました…アレッドのセカンドアルバム'Higher' に収録されていた歌ですね。バックコーラスにLiberaが参加していて、ジョーゼフ・プラットくんがちょっとだけソロを聴かせてくれます。

 荒川選手の演技には女性歌手の盤が使われていましたが、こちらを歌っているのはだれなんだろう…。

 トリノ五輪ももうすぐ閉会式…早いもんだ。ここまで不穏な事件・事故もなかったので、つつがなく終わってほしいものです。

 …オリンピックもそうですが、個人的にはKV63、こちらの動向も気になるところ。先日、いろいろ探していたら、公式サイトが早くも立ち上がってました。発掘中ゆえ、サイトもまだ工事中…。

 さて、昨年のツタンカーメン王のCTスキャン調査以降、日本のメディア露出度が高くなった(?)感のあるエジプト考古庁最高会議長官ザヒ・ハワス博士。とにかく出たがりらしく、Discovery Channelにも自分の出演するエジプト考古学の番組をもっているし、大英博物館には「ロゼッタ石を返せ!」、ベルリン・エジプト博物館には「ネフェルティティの胸像を返せ!」と息巻いてますが、博士の公式サイトにも当然のことながら、新発見の墓について紹介されています…。とはいえ、些細なことですが重大な誤記が。

 いくらなんでも新発見の墓が「ツタンカーメン王墓から5kmの場所」はないでしょう!! 谷から飛び出しちゃいます。

 …先日紹介したブログにもあった、ドイツの報道機関サイトがまったくおんなじ誤記をしたというのは、これのせいかと思いました…。

 もうひとつcachetも気になるといえば気になります。おそらくcacheのつもりだったんでしょうけれども…。語源的にはおんなじみたいですが、現代用法では意味が異なる単語です(発音もちがいます)。

posted by Curragh at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 最近のニュースから
この記事へのコメント
こんにちは。通りすがり者ですが、お邪魔します。

>荒川選手の演技には女性歌手の盤が使われていましたが

ケルティック・ウーマンというアイルランド出身の5人の女性によるヴォーカル・グループのものです。最近国内盤も出てます。
ダニーボーイやシューラルーンなど、伝統歌、エンヤ、クラナドのカバーなど親しみ易い感じで、ジャンルはワールドですけれどヒーリング・クラシックのほうがむしろうけるかもしれないですね。
Posted by しの at 2006年02月27日 14:54
しの様 :

 情報提供ありがとうございます!

 きのう、たまたまNHK-FMを聴いていたら、シセルというノルウェー出身の女性シンガーが歌うヘンデルやシューベルトを聴きました。少年歌手や少年合唱で歌われるものを多く聴いているのでとても新鮮に聴こえました。

 女性シンガーというと最近ではヘイリー・ウェステンラが有名ですが、シャルロット・チャーチやカナダのアゼリン・デビソンあたりは新しいアルバムを出しているのでしょうか…。
Posted by Curragh at 2006年02月28日 02:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/401894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック