2007年08月06日

広島原爆忌

 62回目の夏を迎えた広島。「FMシアター」でも原爆忌にあわせた内容のドキュメンタリードラマ、「兄と弟・広島に生まれて」をやってました。図書館から借りた本を読みながら聞いていたのですが…出征した兄(養子)はアンボン島で戦犯の罪を着せられ銃殺刑、語り手である弟のほうは広島で被爆、肉親や兄弟を放射線による深刻な後遺症でつぎつぎと亡くし、みずからも癒えることのない深い傷を心身ともに負い、長いあいだだれにも話せず心の奥底に封印していた戦争・被爆体験をいま、ようやく子どもたちに伝えようとされている方の物語でした。…それにしてもなんとむごい話だろうか。

 日系米国人監督スティーブン・オカザキ氏の記録映画「ヒロシマナガサキ」。地元紙にも関連記事が掲載され、またいまさっきも民放のニュース番組で取り上げていたので見たのですが、このままでは被爆者の方は報われない、と暗澹たる気持ちにならざるを得なかった。1945年8月6日になにが起きたのかと訊かれて「わかんない」だの「知らない」だのというこたえを平然と返す若い人にも唖然とするが、生存している被爆者の方の高齢化…を考えると、核兵器を落とされたただひとつの被爆国に住むひとりひとりが、8月6日と9日に広島・長崎にいったいなにが起きたのか、ということをいま一度知らなくてはならない。人道上許しがたい兵器はいくつもあるが、やはり核兵器は子々孫々まで深刻な影響を及ぼしつづけるという点で、人間が考案した兵器のなかでは史上最悪、悪魔的兵器だと思う。これはけっして「必要悪」なのではなく、けっして「使ってはならない」兵器で、絶対悪です。RNEPだったか、米国は都市圏を狙う「使える核兵器」の開発をしようとしているらしい。いまは専門家も軍部も「使えない」デメリットとリスクのほうが大きすぎる、として開発は中断状態らしいですが、なんとも空恐ろしい話ではないか。

 平和祈念式典ではふたりの子ども代表が、憎しみの連鎖をどこかで断ち切ること、たがいを認め合う寛容さがいまこそ必要だ、というような内容を訴えていましたが、まったくそのとおりです。とはいえまことに遺憾ながら、旧約聖書のころからいがみあってきた土地柄であるパレスチナ問題とか、原理主義組織による無差別テロとか、いまだに「憎悪の悪循環」はいっこうにやむ気配がないようにも見える。これらにくわえて経済格差に根ざす紛争とか、環境悪化に伴う地域間の争い(とくに水)とか、いろいろ複合的要因があって、さらに事態は複雑化していて、なかなか解決が困難になっているのも事実。それでも「正義のための戦争」なんてないんだということをひとりひとりが声高に訴えつづけるしかない。被爆者の方の苛烈な体験を風化させるものか、という強い意志が必要だと思います。

 民放ニュースを見ていたとき、ふとYouTube など動画配信サイトとかを活用してかつての敵国だった米国民にももっと広島・長崎の体験を伝えるべきでは…とか思っていたら、この記録映画は米国のあるCATVネットワークで今後ひと月のあいだ、放映されるらしい。これはとてもすばらしいこと。とにかくひとりでも多くの人に――彼我を問わず――「事実」を知らせなくてはならない。残された時間はあまりないことですし…。最大の敵は、被爆体験の風化と忘却。これだけはなにがなんでも避けなくては、ビキニ環礁で被爆して亡くなった人、米国やフランスなどがおこなった大気圏内核実験で被爆して亡くなった人と、いまなお想像を絶する苦しみに耐えつづけている被爆者の方にとてもじゃないが申し訳が立たない…気がする。ラジオドラマでは、語り手である主人公が被爆したとき、崩れ落ちた瓦礫に生き埋めにされた同級生が「仇をとってくれ!」と言い残して息絶えるシーンがあります…後年、同級生の母親に会った片山氏は、そのときはっと気づいたそうです。「このつらい体験をつぎの世代に語り継ぐことこそ、彼の仇をとることなんだ!」、と。

 …ラジオドラマの結末近くで、語り手の片山氏にたいして中学校の先生が、「『戦争は悪』だとか、『原爆は悪』だとか、政治的な発言はしないでほしい」と念押ししていた場面がありました。この部分、はたして実体験にもとづいているのか、それともドラマの脚色なのか判然としないが、いずれにせよ自分がもっとも慄然としたのはこの場面でした。政治的発言だって?? こんな非常識極まりない先生がげんに子どもたちを教えているのだろうか…と驚愕しました。そのとき頭に浮かんだのが、昨年、各地の高校で世界史や日本史の未履修が問題化したときのこと。いまのわれわれの生は過ぎ去った歴史の延長線上にある。これからの世代をおなじ過ちで苦しめないために、まずもって過去の歴史を学び、知ることは絶対不可欠のこと、義務であるはずです。歴史の軽視…ドラマで耳にした「衝撃的発言」をする教師とも、どこか通じるところがある。

 シュヴァイツァー博士はある集まりで、「われらはみな亜流者ではないのか」という疑問を耳にしたとき、現代文明の退廃を招いているものの本質をとらえた発言として天啓のごとく受け止め、のちに『文明の退廃と再建』という著作にまとめた。その本の続編(『文化と倫理』)には有名な「生命への畏敬」という考え方が出てきますが、いまの世の中、見渡してみると第1次世界大戦前の世界とたいして変わってないんじゃないかという気もしてくる。歴史はけっして軽んじてはいけない。

 そんな折、イタリアの弁護士ら4人がイタリアの子どもたちが折ったという千羽鶴を広島・平和公園内の「原爆の子の像」に捧げるために、大型バイクを連ねてユーラシア大陸を横断する、という話(→関連記事)には勇気づけられた。イタリアの小学生が、Webで折り方を習得して千羽鶴を折った、というのも感動しますが、ぶじに子どもたちの思いのこもった千羽鶴が届けられるように祈っています。

posted by Curragh at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のニュースから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4941020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック