2012年06月25日

復旧するまで18時間 ! 

 昨夜見た「ららら♪ クラシック」。指揮者の広上淳一さんが満を持して(?) 登場。広上さんのお話や公演のもようを見ながらピザを食べて、安いスペイン産テーブルワインなんか飲んで、ほろ酔い気分でさて、それじゃ BBC Radio3 の Choral Evensong でも聴こうか、と Dell のノート PC をスタンバイから復帰させたら、ラジカセに FM 波を飛ばす USB オーディオから音が出ない。? 、再起動すれば治るか、と思って再起動をかける。するとこんどはデスクトップが表示された直後、いきなりのストップエラー ( いわゆるブルースクリーン ) 。いちいち細かい横文字なんか読んでいられないので、電源を切って、しばらく経ってから電源再投入。ところが … DELL のロゴマークが消ても Windows のブート画面が現れず、代わりに「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした : \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM 」といういともそっけない表示が。?? と思い、もう一度試してみるとここでストップ。… さすがにあせりはじめて、それまでやっていた作業なんかを思い出す。そういえば数日前から HDD が調子悪いのか、ストップエラーが多く出はじめたり、きのうなんかは Google Chrome で Web ページを開こうとしてもページの描画に失敗したりと、不穏な徴候はたしかにあったな … となれば、すべきことはたったひとつ。HDD を交換するしかない。

 こういう不測の事態にそなえて、True Image という復旧ソフトで HDD 全体のイメージを USB 外付け HDD に作成済みだし、またべつの外付けケースに入れてあるノートPC 用 HDD にもクローンを作成済み。これでなんとかなるだろう … なんてタカをくくっていたら、まるで予想外の展開に ( 非番の日でよかった )。

以下、時系列に沿って書きだしてみます。反面教師みたいなもんです。↓

0 :00 - 2:00 CD-R に作成してあった True Image リカバリディスクから起動して、1). 外付け専用 HDD にあるイメージファイルを読みこもうとするも、そもそもドライブじたいを認識せず、失敗。
つづいて 2). べつの外付け HDD ケースに入れてあるほうをつないで再起動するが、認識せず。1 と 2 をつないだりいろいろしていたら、PC カード型 USB 2.0 インターフェイスでつながった 2 を「リムーバブルメディア」として認識、そしてなぜか ( ? ) 認識さえしなかった大容量外付けドライブも HDD として認識。この時点で Choral Evensong 聴取のほうはあきらめる。orz

2:00 - 3:00 そこでさっそくドライブとして認識した HDD に格納してあるイメージファイルを指定して復元を試みるも、「破損している」とむげもなく拒否される。orz orz もう一方は「リムーバブルメディア」だし、そもそもイメージファイルがない。クローン HDD をコピーしたくても「ドライブなし」としてまたもや拒否。しかたないから問題のある HDD を PC 本体からはずす ( このマシンは前にも書いたように中古品で手に入れたものですが、自分は HDD とメモリがかんたんに取り外せる機種しか買わない ) 。

3:00 - 4:00 手許にもうひとつあるべつの外付け HDD ケースに入れたあった旧 HDD を引っ張りだし、代わりにマシンから取り外した HDD を入れてつなぎ、リカバリディスクから再起動。こんどはぶじドライブとして True Image の Linux OS が認識。新 HDD ―― といってもこれだって何年か前に買ったもの ―― をマシンに入れて、ようやく HDD のクローニング開始 ( E ドライブから C ドライブへクローン作成 ) 。と、いいかげん疲れていたので、ここで寝入ってしまった。

正午すぎ 〜 17 : 45 マシンに入れた新 HDDにぶじクローンを作り終えたので、起動してみるが、やはりおんなじメッセージが出て万事休す。
… しばし考えていたが、こういうときこそスマホ !! というわけでHTC Desire の出番。いろいろキーワードを変えてひたすらぐぐる。そしたらこちらこちらが目についた。… OS の再インストール … ったって、そもそもこの Dell、OEM ( DSP ) 版 Windows XP Pro ディスクさえないから、新規に買うハメになってしまう。高すぎて買えないし、だいいちめんどくさい。人一倍めんどくさいのがキライなあまのじゃくとしては、なにがなんでも「いますぐ」復旧させたい。それに再インストールでは、デバイスドライバやらアブリやらゼロから入れなおしになる。かくなるうえは、なかば強引にでも自力復旧あるのみ。

 … というわけで、上記サイト ( 最初のリンク ) を参考に、お古の Gateway ノートマシンをほんとうにひさしぶりに起動して外付けケースの HDD を認識させ、System Volume Information フォルダにアクセスを試みるも、あっさり「アクセス権がない」とかで、拒否される。???? と思い、そうか、ファイルシステムが FAT32 のままで、NTFS でなかったと気づいてコマンドプロンプトにて NTFS 変換開始。終わるまでしばし休憩。

 ふたたびアクセスを試みるも、またもや拒否される。????? 

 もう一度 Desire でぐぐる。すると二番目のリンク先が引っかかり、そうか、「セーフモード」か、それは気づかなかったな ( Gateway マシンの OS は、XP Home ) !! というわけでいま一度試す。こんどは成功、そのまま5 つの「復元ポイント」ファイルをリネームして、Config フォルダにコピー。またまた外付けケースから HDD をはずして、現行マシンへともどす。祈りながら電源再投入。… Congrats !!! 

 … というしだいで、自力復旧させるまで延べ 18 時間近くもかかってしまった。でもゼロ円ですんだし、とりあえずこれでなんとかなりそう。とはいえまたいつ調子が悪くなるか知れたもんじゃないから、早いうちに IDE タイプのSSD を買うことにします。

 今回のトラブルで得た教訓。True Image でいくらバックアップを取ったりべつの HDD にクローンを作っても、いざというときになって認識しなかったりであんまりアテにはならないこと ( HDD のクローンだって、1 週間くらい前に作成しておいたのにもかかわらず、X じるしがついてまるで使いものにならず ) 。とにかくやることなすことみんな裏目に出て、これは新規に XP Pro を買うハメになるかも … と不安になった。そういえばその前日、こんな記事を読んでいた。へぇ、Amazon Web Services でもそんなことがあるのか、いくら「万全の対策」を採っていたとしても、ありえないほど最悪な事態というものが連鎖的に起きて手がつけられなくなるんだな、これだから人間のやることは … なんて人ごとみたいに感じていたら、まさか似たような憂き目にあうとは … orz 。

 ところでこの手の「起動不能」になる障害、けっこう多いみたいです。自分の場合、たった1 台の外付けケースが認識されたおかげでよけいな出費もせずにぶじ現状復旧したようなものですが、自力復旧する参考にはなるかと思います。そういえばお古のノートPC では「 NTLDR is missing 」とかヘンテコな表示が出てきて、雑誌とかを参考にしてあらかじめフロッピー ( ! ) に作成しておいた起動ファイル ( NT Loader ) から起動、なんてことがあった。このときもやはり HDD 不調が原因だった。しばらくはいちいちフロッピーを差してそのノートPC を起動していた。

 … これだから Chrome OS のような「完全クラウドベースな」OS というものが出てくるんですな。Chromium OS とか、USB メモリに入れて試用したことがあるけれども、まだあんまり使い勝手がいいとは言いがたし。でも今後はこの手の「メンテナンスフリー / トラブルフリー」な OS を積んだクラウドベース OS / クラウドアプリ ベース な PC が、どんどん増えてくるかもしれない。

posted by Curragh at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | OS/PC関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56705949
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック