2013年10月21日

いろんな「蛙」が思い思いに鳴いている

 いま、ハルキにはまってます。といっても『色彩を持たない … 』を買いました、ということではなくて、以前こちらでもすこし触れた、「英語で読む村上春樹 / 世界のなかの日本文学」講座の原テキストである、『かえるくん、東京を救う』。

 ルービンさんの英訳のすばらしさ … もさることながら、原作の持つ魅力にまず引きこまれました … 残念ながら物故された、もと灘校の国語科の先生ではないですが、ひとつの原作を英訳と比較しながらじっくり読み進めるという、このなんとも贅沢かつ時代逆行的な精神がまず気に入った。前にも書いたことでまた引っ張りだすのはどうかとは思うが、一介の門外漢でさえ、どう考えてもいまの「会話一辺倒」、a.k.a. 「ペラペラ信仰」はおかしいと感じる( もっともペラペラ信仰じたいはバブルのころから、いやはるか昔からあったが )。ウソだと思ったらじっさいにテキスト買って、講座を聴取してみるといいです。それこそ思いもよらなかった発見があると思いますよ。

 いくつか具体例を出すと( 注:今月のテキストです ):
'Calming down?' 原文:「少しは落ち着かれましたか ? 」
これはたんに 'Calm down?' と断定的な言い方より、ちょっと後ろに引いた、柔らかい物言いになる。太字強調箇所に注目。英訳では進行形にすることでみごとに移し替えている。

... slapping his webbed hand against his thigh. 原文:... 水掻きのある手でぴしゃっと膝をたたいた。「膝」は knee ではなく、thigh としたほうが英語では自然な言い方。

... in case he was being made the butt of some huge, terrible joke.  原文:( どっきりカメラとか )そういう種類の大がかりな悪い冗談にひっかけられているのかもしれない。terrible の代わりに 'bad joke' とすると、「下手なジョーク」、つまり「寒い冗談」の意になってしまい、相手に伝わらない。

'Fine, I see, I see ! ' 原文:「わかりました」( と片桐はあわてて言った )。これも以前書いたことだがもし相手が怒ったような顔で 'Fine!' と返したら、それは「すばらしいですね」ではなく、「もういい ! 」ということ。ちなみに場合によっては 'Please !' でもおなじ意味になったりするのでこれも要注意。

村上氏の原作とルービン訳をこうして仔細に比べて見ていくと、翻訳者の息遣いまで聞こえてきそうで、個人的にはたいへんおもしろい。もちろんふつうに英語の勉強にもなるし、一石何鳥もの効果がある( と思う )。

この前の回ではその英訳者ルービンさんがスタジオでしゃべってまして、聴取しながらメモってました。で、ちょっとおもしろいな、と感じた点をいくつか書きだしてみます。↓

最初、『世界の終わりとハードボイルド』のリーディング( 翻訳出版候補の原本を速読してレジュメを書き、版元に提出して企画会議の資料にする作業 )を頼まれたときは、なんと「いやいや引き受けた」。→ すぐにそのおもしろさにハマり、英訳。→『ニューヨーカー』誌に発表。邦人小説家の作品が『ニューヨーカー』誌に掲載されたのは、村上春樹が最初だった。

カタカナ語のもつ「特別な雰囲気」について、「村上作品には非日常的なバタ臭さがある」として、「とくに初期作品にはカタカナ名の食品( スパゲティとか )が多く登場しており、そこにも意味がある」と指摘。「ふつうに英訳すると、そのバタ臭さが消えてしまう」。

どうしても不明な点は作者本人に訊く。『ねじまき鳥クロニクル』のときに、ブラウンなのかブラックなのか、不明な表記があり、問い合わせると単純なタイポだった。

最初、村上氏は自身の英訳作品をあまり読んでいなかったが、『ノルウェイの森』あたりからチェックも兼ねて読みはじめたという。

「原作者と翻訳者が村上氏 - ルービン氏のような関係を築けるというのはなかなかないことだ( 沼野先生談 )」

村上作品のべつの英訳者のスタイルについて:「Jazzy な用語を使って、バタ臭さを表現している」が、ルービン氏は「なるべく plane な英語で翻訳するよう努めている」。

仕事について:「ピアニストが毎日、運指の練習をするように、とにかく毎日練習することが大事 ! 」。
「翻訳家は演奏家に似ている」。

解釈のちがいについて:
「知的に翻訳するのではなく、気持ちをまず第一に、感じたように訳す。自分ではあまり意識していない」。

20 年以上前に英訳したこの作品をあらためて読み返してみて:「あんまり悪くないと思う ! 」

テキスト今月号のコラムにはあの芭蕉の「古池や 蛙飛びこむ 水の音」がどんなふうに世界に紹介されているか、その実例を数多く掲載してまして、こっちもおおいに興味を惹かれた。

The old mere ! / A frog jumping in / The sound of water. ( 正岡子規訳 )

Into the ancient pond / A frog jumps / Water's sound ! ( 鈴木大拙訳 )

The ancient pond / A frog leaps in / The sound of water. ( ドナルド・キーン訳 )

ちなみに手許のある本にはキーン氏とおなじく近代日本文学の海外紹介に尽力された故サイデンステッカー氏の訳例が載っているので、こちらも引用しておきます。
The quiet pond / A frog leaps in, / The sound of the water.

ほかの人の訳とサイデンさんの訳でまずちがうのは、冒頭の「古池」のところ。ancient でもなく old でもなく、quiet としている点に、苦心の跡がうかがえます。おそらく 'ancient pond' では「古代の池」みたいになり、old pond だと水が腐った( ? )みたいに思われるのを避けたのではないかと察します。

またテキスト今月号には、巨大な「かえるくん」の鳴き声が各国語版ではどのように訳されているかについても誌面を割いていてこれまたおもしろい。仏語訳ではほぼ原作そのまま踏襲して再現されているとか、伊語訳では一部改変してあるとかありますが、独語訳、ポーランド語訳、露語訳では英訳版と同様に独特なオノマトペは無視して、それぞれの国で標準的な鳴き声に置き換えているらしい。ちなみに自分もこのたびはじめて知ったのだが、英語圏でのカエルの鳴き声の一般的表記は 'ribbit ( gribbit )' なんだそうです。

… そういえば昔、「トムとジェリー」なんかに出てきた大きなクシャミをするときの擬音語「アッチュ( ョ ) ーっ ! 」。昨年夏に『くまのパディントン』シリーズ最新刊を読んでいたとき、ちょうどそんな例が出てきたことも思い出した。バードおばさんから、とっ散らかった部屋をきれいに片づけて掃除するように言われたパディントン、掃除中にクシャミしたくなり、手にしたちりとりの中身をふん撒けそうになり泡食ってカーペットの隙間をベリベリ開けた、という場面で出てきます。
A loud tishoooo echoed round the bedroom ... ( Paddington Races Ahead, p.63 )

付記:昨年度のマン・ブッカー賞ロングリストに載った英国のある小説を読んでいたら、'He lacked colour.' なる一文が出てきて、即座に『色彩を持たない … 』を思い出した。使っている意味合いは、けっこうちがうのかもしれないが。ちなみに今回も惜しくも文学賞受賞を逃した村上氏ですが、最新の訳書『恋しくて - Ten Selected Love Stories』ではなんと本年度受賞者のカナダのアリス・マンロー女史の一編も訳出されているとは、なんという偶然か(このとき、いまひとり候補にあがっていた米国のジョイス・キャロル・オーツの古い短編 Is Laughter Contagious ? をたまたま読んでいた人)。

posted by Curragh at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学関連
この記事へのコメント
Curraghさん

初めまして。フィネガンズ・ウェイクについて検索した結果たどり着きました、K.と申します。

芭蕉の句の英訳について、Curraghさんの引用された文章を読み、「自分ならどうしただろう…」と思った挙句一つ、別の訳をつくりました。共有させてください。

Into an aged pond / a frog dove / plop of water

plopをtinklingにするか迷いました。御粗末。
Posted by K. at 2013年11月23日 22:39
K. さん、コメントどうもありがとうございます ! 

ワタシみたいな者がこんなこと言うのはおこがましいかぎりではありますが、K. さんの訳も、負けてないと思いました ! といっても、「英語で読む … 」を聴取しつづけているうちに、やっぱりネイティヴの感覚にはなかなか遠く及ばないな、といまさらながら痛感しているしだいです … 英語話者の方がもし K. さん訳「古池や … 」を目にしたら、どんな感想を持たられるのか … K. さんが意図したとおりのイメージで伝わっているか … と言っても自分はべつにネイティヴ万能主義、というわけでもありません。ネイティヴと一口に言っても、教養ある・なしでおなじ英訳でもそこから受け取るイメージはまるでちがうと思うからです。というわけで、おなじ英語圏の人でも、わたしは plop of water でいいわ、という人もいる一方で、いやあ kerplunk のほうが勢いがあっていいぞ、という向きもあろうかと思います。ちなみにアレン・ギンズバーグ訳ではこの俗っぽい kerplunk ! を使って訳しています。

… ところで K. さんはヤナセ語訳『フィネガン』を読まれたのですか ? 
Posted by Curragh at 2013年11月24日 20:35
御返事ありがとうございます。

「ヤナセ語訳」とは、的を得た言い回しですね。『フィネガン』は、Curraghさんのように最後まで読むことはまだ出来ていません。冒頭の数段落と、Anna Livia Plurabelleの章(川辺で二人の女が洗濯をしながら愚痴っている)と、あとはクイズ形式で進む授業のシーンくらいです。柳瀬さんの訳は天才的ですよね! Curraghさんは、『フィネガン辛航紀』はお読みになられましたか。

俳句の英訳についてですが、kerplunk!もなかなかステキですね。plopよりも、遊び心があるというか、蛙が元気な感じがします。いずれにしても、The sound of waterではあまりにも言葉が死んでいる気がしました。jumpやhopも然り。これではただの直訳ですよね。Curraghさんの挙げられた三つの訳では、私は正岡子規訳が一番良い気がします。好みにもよりますけどね。

仰るとおり、ネイティヴという言葉では英語感覚は計れませんよ。私はこの言葉、嫌いです。自分のこれまでの言語体験に自信を持てるかどうかだけの違いだと思います。私自身、ネイティヴとはいえません。日本生まれの日本育ちです。ジョイスの『ユリシーズ』のオーディオブックを何度も聴いたり、原著をつまみ読みしている内に、自然に語彙が広がってきただけです。

ジョイスならば、芭蕉の句をどう訳したでしょうかね。かれはリムリックの天才でもありましたから、きっとステキな訳を捻り出したでしょう。
Posted by K. at 2013年11月25日 10:58
K. さん、

『フィネガン辛航紀』は、あいにく未読なのです。ほんとは読んでみたいのですが、近場の図書館には置いてなくて … すでに版元品切れみたいですし、県立図書館あたりにでも行けばあるかもしれませんが。その代わり『辞書はジョイスフル』はすぐ目の前にあります( 笑 )。

拙記事でも書いたように、柳瀬訳『フィネガン』はほんとうにひょんなきっかけで読みはじめたもので … はじめは図書館から借りていたんですが、「いいものは買う」主義なので、全巻揃えてしまいました。いま読んでいる比較神話学者キャンベルの著作に『フィネガン』引用が頻出していますが、手許にあるのでいつでも大丈夫 ?! 

そうですね、たしかに 'The sound of water' ではそっけないというか、芸がないといえばないかもしれません。あえて擬音語を使うというのも、蛙がいままさに飛びこもうとしているさまをありありと提示するには、有効な方法でしょうね。でも「そっけなく」訳したのは、おそらく原文のもつ言外の「余韻」をも伝えたかったからではないでしょうか。

おお『ユリシーズ』ですか !! 自分の場合、「ジョイス体験」の順番が逆なんじゃないかとも思ってるんですが( 笑 )、来年は『ユリシーズ』を読もうと考えております。柳瀬訳では『ダブリナーズ』をすでに読み、岩波文庫版『若い芸術家の肖像』も持ってます( 来年はリヒャルト・ヴァーグナーの生誕記念イヤーだから、というわけではありませんが、 ニーチェの『ツァラトゥストラ』も読んでます )。
Posted by Curragh at 2013年11月25日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78780319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック