2008年03月29日

IOW, TNX, LOL, :-O!!

 ↑のお題、瞬時に解読できますか?

 地元紙朝刊に短期連載していた「ただいま広辞中」。言わずと知れた『広辞苑』の最新版刊行にちなんだ企画で、最終回に俎上にあげられた「顔文字」と「文字絵」の記事を見て、日本で通用している顔文字と欧米圏の人がメールのやりとりやメーリングリストで使っている顔文字とはえらくちがうな、と思った。そこで今回はこの顔文字と略語についてすこしばかり(ちなみに「顔文字」は今回はじめて『広辞苑』の新版に収録されたという)。

 顔文字は英語でemoticonsと称されます。その中でも使用頻度が高い笑顔マークはsmiley(s)と言ったりもします。

:-) .... regular smile, very happy ふつうの笑顔、とてもうれしい
:) .... happy ちいさな笑顔、うれしい
:-)) ... very happy とても幸福、とてもうれしい

「日本式」表記だと(^o^)とか(^_^)あたりでしょうか。一見してわかる大きなちがいは、なぜか横倒しになっていること。横倒しのemoticonsが向こうでは標準的表記、ということは憶えておいて損はないでしょう。欧米圏の人に「和式顔文字」を書いてもはたして書き手が考えているとおりの意味にとってくれるかどうか…は実験したことがないのでわかりません。orz ←こういうのもおそらくわからない。

 ほかにも欧米式顔文字をいくつか挙げてみます。

悲しみを表すもの:
:-( .... frown, very sad しかめ面
:( .... sad 悲しい
;-( .... feel like crying 泣きたい

怒りや当惑を表すもの:
-< .... really upset とても当惑した
:-|| .... angry 腹を立てている
@@ .... rolling your eyes いい加減にしろ、やめてよ(これだけは横倒しじゃないですね)

驚きを表すもの:
:-O .... wow! うわー、びっくり
8-O .... shocked わー、ショックだ

その他表情を表すもの:
;-) .... winking ウィンク
:-[ .... pouting ふくれっ面
:,( .... crying 泣きっ面

動作を表すもの:
[] .... hugs 抱擁
:-? .... smoking a pipe パイプをふかしている
:-* .... kisses キス、キスしたい
:*) .... drunk 酔っ払っている

感嘆符的な働きをするもの:
:-, .... hmmmmm ふーん
:-O .... uh oh おやまあ
:@ .... what? えっ? 
:> .... what? えっ? 

容姿を表すもの: 
:-} .... bearded 顎鬚を生やしている
:-{ .... mustachioed 口髭を生やしている
8-) .... wearing glasses 眼鏡をかけている

顔文字についでよく使われるのが「略語」やスラングのたぐい。これは洋の東西問わずらしくて、こなた『KY式日本語』なる本が、『ジーニアス英和大辞典』とか『明鏡国語辞典』とか出している大修館書店(!!)から出ていますが、かなたの英国でもなんとおんなじような字引きが出版されているという!! それがThe A-Z of Teen Talk(『ティーンのおしゃべりのAからZまで』)なる本。これ書いたのはやんごとなき坊ちゃん嬢ちゃんが通う名門パブリックスクールの13歳現役女生徒。で、それによると、たとえばjamming。手許の電子辞書に収録されている――便利な世の中になったもんだ――『リーダーズ・プラス』では「すばらしい、のってる(=excellent)」の意味だと書いてあるけれど、彼女によればなんと「ぶらつく」の意味になる!! vanillaは『プラス』にも載っている「つまらない」とほぼおんなじで「退屈でダサい」。zaなる単語はなんとピザ(pizza)のことだとか。ではeltonとは? これわかる人はたぶん英国在住の文字どおり10代の人で、日本人学校ではなくて現地の学校に通っている子どもたちくらいではなかろうか。正解は「男子トイレ」。なんでeltonなのか、については、米国俗語でjohnが「男子トイレ」なので、Elton Johnに引っかけたものらしい。引っかけられたほうの往年の大歌手もいい迷惑ですな。

 この辞書、仲間うちの会話に使う単語を集めたものらしいのですが、なんとなんとこれがまた版元の予想以上に売れているというから、こちとらさらに口あんぐり。『KY式〜』もそうとう売れているようですが、英国でもそんなものが売れるんですねぇ。でも厳密に言えばこちらのほうは省略語よりスラングのほうが多いから、俗語辞典のたぐいですね。略語とくると、やはりWebで使われることばのほうがはるかに多くて、わけわからん略語に出くわすこともしばしば(苦笑)。以下、直接・間接的に知った横文字の略語一覧。
ASAP ... as soon as possible
IMO ... in my opinion
IOW ... in other words
LOL ... laughing out louder
LTNS ... long time, no see
MYOB ... mind your own business
NRN ... no reply necessary
OIC ... Oh! I see.
OTOH ... on the other hand
SO ... significant other
TIA ... thanks in advance
TNX ... thanks
TTYL ... Talk to you later.
TYVM ... Thank you very much! 

とくに4番目の'LOL!'というのはけっこうよく見かける。かくいう自分も最近までこれがいったいなんのことだかわからず、手っ取り早く「'LOLってなに?'」と使っている本人に訊いたりしていたのですが、いま、かなーり古いNHKのテキストをひさしぶりに引っ張り出して見たら、ちゃんと載ってたりして(苦笑)。あと、'OOT'というのもよく見かけます。意味は'out of topic'、「スレちがい(で悪いけれど)」ということ。'FYI'(=for your information, 「参考までに」)もわりとよく使われます。

 「ただいま広辞中」の記事見出しには、「気持ち伝える『顔文字』」なんて書いてあるけれど、顔文字も略語も仲間うちの俗語もTPOが大切。「和式顔文字」は1986年、「パソコン通信(!)」の時代にはじめて登場したものだという。とはいえこのような国籍不明語を乱発すれば相手に気持ちを伝えるどころか、それこそ意味不明以外のなにものでもなくなる。この手の用語は、あんがい使い方が難しいものなのです。

posted by Curragh at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学関連

2007年05月28日

Modified Measles

 いまNHK-FMでオピッツさんのピアノリサイタルを聴きながら書いています。今年はベートーヴェンイヤーでもありますね(3月26日で没後180年)。個人的にはだんぜんブクステフーデ! なんですけれども…。

 いっつも自分が偏愛する音楽がらみのことばかり書いているので、たまには現役中高校生の英語の勉強に役に立ちそうな(?)ことを書いてみます。カテゴリでは語学関連ではない記事でも、あっちこっちに話が飛ぶうちにひょこっと語学関係の話題も織り交ぜたりはしていますが、たまには語学関連の記事も書こう、と思い立ちました(苦笑)。

1). 先日、夕飯食べながら見ていた「クローズアップ現代」。いま、10〜20代の若い人に感染が広がって問題になっている「はしか(麻疹)」のことをやってました…で、ふと耳に入ってきたことばにびっくり。「は? シュウショクマシン??¿¿」。画面を見ていなかったのでなんて漢字を書くのだろう、と思っていた矢先、まったく思いがけずこちらのblog記事にて発見。おお、修飾麻疹!! …しばし絶句。なんなんだこの日本語は??? 

 ちなみにcloseは動詞ならクローズでいいんですが、「近い」を意味する形容詞のほうはクローになります。

 あまりのハジけた表現に、グノーシス文書「ユダ福音書」のイエスよろしく笑いさえこみあげてくるのですが、これmodified measles の直訳らしい。ためしに「英辞郎 on the Web」で確認してみたらやっぱり「修飾麻疹」と出た。

 …いくらmodified の字義通りの直訳だからって、こんなんじゃだれもわかりっこない。医学用語にかぎらず、業界人さえ意味が通ればいいというたぐいの用語にこの手の「わけわからん」訳語が定着している場合がたいへん多くて、はっきり言って困りもの。

 引用元記事中に「引用」されているごとく、きちんと訳せば「ひじょうに軽度の麻疹」くらいの意味。「修飾麻疹」という訳ではまるでイメージがつかめない。

 …かくいう自分もじつは麻疹に罹患したことがなくて、熱海高校で感染確認、臨時休校措置がとられたとか、山を飛び越えてこんどは西伊豆の土肥高校でも感染者が出た…なんて聞きまして、あわててかかりつけの内科へ抗体検査を受けに行った口です(検査には精密なEIA[IgG]法と簡便なHI法と二種類あって、自分がやってもらったのは精密なEIAのほう。結果が判明するまで一週間かかると言われました…本日電話しましたところ、抗体ありとのことで、とりあえず安堵。ふたつの抗体検査法についてはこちらのblogが参考になるかと思います)。麻疹、といえば、だいぶ前に見たApollo 13 という映画で、麻疹感染を疑われた飛行士がミッションからはずされる場面なんてのを思い出した。'I don't get the measles!' という捨て台詞が印象的でした。

2). さて修飾麻疹のつぎは固有名詞について。ときおりほかの話題に便乗する形で横文字の固有名詞の発音表記は困難、ということを愚痴ったりしていますが、2月28日に亡くなられたアーサー・シュレシンジャー(Arthur M. Schlesinger)氏の名前の邦訳もころころ変わってまして…かつてはシュレジンガーと表記されていたり。ほんとのところは本人に訊くしかないのだけれども、「現地語発音主義」とはいえ固有名詞はほんとやっかいです。聖カスバートCuthbert も、当人が生きていた当時の発音はたぶんクスベルトだろうし。どっちをとるかでけっこう迷ったりする(ついでながらチョーサー以前の古英語はまるで別言語で読めないorz …ルーン文字から入ってきたというþ[thorn]とかが頻繁に使われてます。例→'Seyn Brendan, þe holi mon, ...')。

 いつかちょこっと書いたことですが、2000年5月、上野・国立西洋美術館にて「ピカソ/子供の世界展」という美術展を見に行ったのですが、そこで買った図録にピカソ最初の子どもの名前について但し書きがしてありました(p. 88)。ふつうは「パウロ Paulo」もしくは仏語で「ポール Paul」と表記されますが、身内ではなんと「Paulo=ポロ」と呼んでいたらしい。でも混乱を避けるために、Pauloはあえて慣例化した表記である「パウロ」とした、とあります。ほんと人名地名の邦訳表記はややこしい。ちなみにピカソ本人のほんとうの名前はひじょーに長いです。検索してみると見つかるでしょう(すいません、その資料がいま手許にないので)。スペインついでにクレー。最近はポール・クレーと表記されるようですね。以前はパウロだったが。

3). NHK教育の語学番組。いま個人的にヒットなのがこちらダリオさん、ちっとも変わんないなー。一昨年やってた「ハートで感じる英文法」に近い番組で、日本人学習者がいまいちとらえにくいところ、わかりにくいところをわかりやすく、感覚として身につくように説明してくれる番組です。

 じっさいに見ていただければ早いんですが、先週は「受動態」を取り上げてました。もっともすばらしいと感じたのは、たとえばdisappointed about/with/at/by のちがいについて。そう、動詞にくっつく前置詞によって、微妙に伝えたいニュアンスがちがうんですよね。日本人にとって英語特有の冠詞・前置詞はほんとやっかいで、俗に「前置詞3年、冠詞8年」と言われたりします。ようするに、英語一般をひととおり身につけたあと、冠詞・前置詞の習得にそれだけの年月がかかることを意味しています。

 disappointed... については、もっとも「即時性」が強いのがat、つまりいま目で見たそのものにがっかり、という場合に使ったりします。withだと「それについてがっかり」。about もwith に近いですが「まわりにある状況もふくめて全体的にがっかり」。by だと「その行為の結果、あるいは行為者によってがっかり」という感じでしょうか。

 冠詞についてはだいぶ前、「日本人ビジネスマンは'the' を使いすぎるから経済摩擦を引き起こす」となかば冗談交じりで揶揄されたことがあるとか。a もthe もいろいろな意味合いがありますが、たとえば映画や小説のタイトル。The Notebook(米映画「きみに読む物語」原題)、The Secret Garden(『秘密の花園』)なんかのthe。「限定用法だから」とくるかもしれない。でもたとえば関係詞で限定されていても、相手が未知の事柄については不定冠詞のaを使ったりします。昔ある先生の書いた本に、「未知との遭遇にはa、既知との遭遇にはtheと覚えよ」とじつにうまい表現が書いてありました。映画のタイトルのthe はまさにこれです。いきなりthe とくると、英米人は「ほら、あなたも知ってるあの…」という一種の緊張感をおぼえるらしい。それゆえ日本人ビジネスマンの例ですと、交渉の席で、先方がはじめて耳にする事柄だろうとなんでもかんでもおかまいなしにthe を連発するからまずい、ということになります。

 …とはいえ英米の人相手にメールを綴るたびに、つねにアタマを悩ませるのがこの冠詞ですね(冷汗)…。

 付記。大家の工事のため、30日はほぼまる一日、拙blog は閲覧もできなくなりますのでいちおうお知らせしておきます。

posted by Curragh at 21:37| Comment(9) | TrackBack(0) | 語学関連

2007年01月01日

バッハ英訳本の書評 & 固有名詞について

 A Happy New Year!

 もう昨年暮れのことになってしまうけれど、NYTimesの書評にBachの文字が。さっそく興味をそそられてリンク先ページを読んでみました…。

 取り上げられているのはドイツの著名なバッハ研究者マルティン・ゲック氏のバッハ評伝、Johann Sebastian Bach : Life and Work。原本は2000年、バッハ没後250年記念の年にドイツ語版として上梓されたものの英訳本。738ページもある大作でして、なんか『ハリー・ポッター』シリーズなみの分厚いハードカバーを妄想してしまいました。もちろん図版入り。…で、かんじんの書評なんですが…なんか書き方がヘンなのです。「(…同様な環境にあったほかの同時代の作曲家にくらべて)ケーテン時代(1717-1723)のバッハは器楽曲の創作という点においては健筆ではなかった…」??? …ケーテン時代といえば「ブランデンブルク(この地名がブレンダンと関係あるかも…ということは本家にちょこっと書いてあります)協奏曲」とか一連の無伴奏もの、「幻想曲とフーガ BWV.542」など傑作ぞろい。この手の比較はたんに作品数のみくらべても意味がないのは当然のことで、評者もその点に言及したうえで、ゲックほどバッハに通じている研究者の発言としてはにわかに信じられぬ、みたいな口調です。つづいてなにやらもったいつけたようなこの一文が。

 ...Literally, in the quotation above, something has been lost in the translation.

 ますますあれれ??? と思ってさらに先へ進むと、

 「…ゲック氏の書き方はあまりに史的現在を多用しすぎ、英語版読者にしてみればその使い方はときに軽はずみで、無頓着のようにも見える」。

 「…くわえてゲック氏は英語版においてよき扱いを受けたとは言いがたい。1750年に亡くなったバッハが、先妻との子で早世したヨハン・ゴットフリート・ベルンハルトのことを『哀れな庶子』(この訳語もまた難ありだが)呼ばわりしたのが1783年、と書かれてある謎も、ドイツ語原書を見ればたちどころに合点がいく――1738年なのだ」。

 「…これ以上にはなはだしい誤訳は、有名なコレギウム・ムジクムをめぐる論考に見受けられる。ライプツィッヒのカフェ・ツィマーマンの店先で活動していたこのアマチュア楽団について、英訳版では『1721年、すでにみごとな楽器コレクションをもっていたツィマーマンはこのコレジウム・ムジクム(1729年以降はバッハが指導した)を、1741年のバッハの死まで主催することになる』。ドイツ語原書ではただたんに『1741年の彼の死』、つまりツィマーマンの死を指していることはだれが見ても明らか。バッハの没年のようなあまりに基本的な事実でさえも事実と異なる記述を平然とやってのけたあげく、この画期的事業にかかわった人がだれひとりとしてこの誤りを見抜けなかった、というのはいったいどういうことなのだろうか?」。

 …なんだ、ようするにこれって書評じゃなくて翻訳批評だったんか。orzorz

 このようになんとも問題だらけの英訳版ではありますが、この本のおおまかな構成は「バッハの人生の諸段階」、「声楽作品」、「器楽作品」で、それぞれ末尾にエッセイがくっついているらしい。モーツァルトにくらべるとなんか地味な印象のバッハの生涯ですが、たいへん生き生きと書かれてあるようで、このへんはおそらく「史的現在」多用云々とも関係あるでしょう。この本で著者が終始一貫主張しているのが、近代以降確立された「バッハ像」の解体。「バッハは終生、正当に評価されなかった音楽家だったと主張するのはバッハの聖人化にほかならず、これには自意識過剰な評伝作者に負うところ大である」など原著者の書き方もかなーり辛辣です。

 書評の最後でようやく冒頭の訳語について謎解きが出てきます。この部分のもとの単語はVielschreiber で、書評者によれば「この単語はたんなる健筆家という意味にとどまらず、『多作が過ぎる』作家の意になる場合があり、軽蔑的に使われることも多い。ここでゲック氏がバッハについて言わんとしているのは『健筆家』という意味ではなく、バッハはたんなる『乱筆家』ではなかった、という意味だろう」。

 そして本題とはまったく関係ない話ながら、外国の固有名詞ってほんと読み方がわからない、というか発音さえもできなかったりします…欧州の言語ではたとえば北欧語やケルト諸語。スコットランドやウェールズ、アイルランドの固有名詞にはいつも泣かされる。もっと勉強しないといかんなーと思ってはいるんですが…またよく知っているつもりの名詞がいきなり落とし穴になったりもします。たとえばGill。てっきり男だと思っていたら「イヤリングしてるよ」とか。日本ではたとえば「薫」さんかな。またハンガリー出身のユーモア作家で英国に帰化したGeorge Mikesという人がいたんですが、ラストネーム、なんて読むかわかります? これでミケシュと読むのです…。

 以前デンマークの地名の発音を教えてもらったことがあるんですが、耳で聞いた音をそのまんまカタカナに移植するのはとうていムリなことだと悟りました…とはいえなるべく正確に移植する努力は大切ですが。

 …ミケシュの作品に、自身の世界行脚をおもしろおかしく綴った本があり、冒頭部で自虐的にこんなふうに書いてあったのを思い出しました。「…世界中を旅行してまわることに飽き飽きすると、こんどは家から一歩も出なくなる。心配した友だちが訪ねてくると、こううそぶく。『ここにいるのが一番さ。ここにいればみんながぼくのことを訪ねてきてくれるからね』」。

 もちろん当の本人はいまのWebのことなど予見して書いたわけではないのですが、これがいまから半世紀近く前に書かれたことを考えると、ミケシュには時代を先取りする鋭い感覚があったのかもしれません。

posted by Curragh at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学関連

2006年05月20日

English at heart

 昨年、反響を呼んだ「ハートで感じる英文法 」。自分もおおいに勉強になりまして、目から鱗が落ちる思いがしましたが、続編の「会話編」も前回に負けず劣らずなるほどなぁ〜と、感心しきり。ここまでやったのなら、通年シリーズ化してもいいのではとさえ思います。最近、なにかと評判の芳しくないNHKですが、こういう良質な番組を作れるのはやっぱりNHKならではのadvantageではないでしょうか。関連書籍もベストセラー入りしているとか。いままでにも「イメージでつかむ英語」〜みたいな本は何冊かありましたが、TV講座とワンセットというのが当たったのでしょう。TV講座のほうは早くもDVD化されましたし。

 そして、こちらの雑誌の今週号。なんと大西先生のインタヴュー記事?! とあっては買わない手はない。

 英語習得の道は大西先生でも険しかったんだなーと思いました。それと、とくに同感だったのが、「母国語ってカラダの一部なんですよ。その母国語をしっかりやって、そのうえで使える英語を身につける、それが理想的ですね」というコメント。「海外で心配にならないていどの英語力と、母国語をきちっと話せる能力をバーターにするのは、あまりにも危険です。〜 母国語はあらゆる能力につながっているものなんですよ」ともおっしゃっていました。

 大西先生によると、ネイティヴスピーカーと――挨拶ていどではなくてちゃんとした会話、どんな方向へ転んでもついていける会話能力――を身につけるには1万語は必要…だそうです。

 …ううむ、とてもじゃないがまだまだそんなレベルじゃないな…とこれはもちろん自分自身への台詞…。
posted by Curragh at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学関連

2006年02月12日

ハートで感じる英文法

 昨年暮れ、ハートで感じる英文法の再々(?)放送を見ました…初回放送時には見られなかった回もあったので、しっかりすべて録画しておきました…。講師の先生が少々ヘンなのはともかく、とにかくおもしろい。これはむしろ現役の中高校生に見てもらいたい番組だと思いました…こんなこと書くと、とくに塾の英語の先生などから受験に必要な情報以外は不要、みたいなクレームをつけられそうですが、ほんとうに英語を使えるようにするためにはこの手の番組をどんどん見たほうがいいに決まってます(NHKの回し者みたいな物言いだが…)。

 個人的にも、知っているつもりがじつは知らない、もしくは誤って憶えていた事項もあって、たいへんよい復習になりました…先日、歯医者の帰りに本屋に寄ったら偶然、テキストまで発見。買って損はしないでしょう。

 時おなじくして、地元新聞にも『ゼロからスタート英会話』なる書籍の紹介記事が。例文として、「いっしょにランチに行かない?」'Why don't you come with us for lunch?' があり、「'Why don't you〜?'が『相手を誘う』ときの基本フレーズ」とありました。

 個人的には、why don't you〜? もいいけれど、なんでgoではなくてcomeを使うのか、という点のほうが重要だと思う。

 たとえば、夕食のしたくができたよ、と声をかけられたとします。「いま行くよ!」と返事する場合は'I'm coming!'と言わなくてはいけない。もし'I'm going!'なんて返事をしようものなら、おそらくその人の分は用意されていないでしょう。

 'I'm going!'では「自分だけどこかほかのところへ行って食事する」と受け取られてしまうからです。相手のところへ向かう場合はgoではなくcomeを使う、ということをしっかり意識してないと、応用ができません(おなじことが仏語のallerとvenirにも言えます)。

 …ところでまったく関係ない話題ながら、NHKってイタリア語で言うとおもしろいですねー(NHK教育のイタリア語会話を見ている方ならとっくにご存知ですが)。NHKはイタリア語ではエヌアッカカッパと読みます。

posted by Curragh at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学関連